FC2ブログ

numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

谷川俊太郎さん①

もこもこ


谷川俊太郎氏の本で、「もこ もこもこ」という本がある。
これは幼児向けに作られた30ページ程度の短い絵本である。

「もこ」「にょき」「ぽろり」「しーん」「ぱちん」「つーん」
絵本のなかにでてくる言葉たちはこういった擬音語のみで、
絵それ自体はカラフルな抽象画でつかみどころがない。

大人たちはきっと戸惑うだろう。
この本をどう楽しんだらよいのだろうか・・・
これはいったいなにを意味しているんだ・・・

大人になるとかたくなる。
ナンセンスなしろものは怖くなるのだろうか。

この本は、出版当時じつはあまり売れなかった。
少したったころ、こどもたち(幼稚園)の間で自然と
人気がではじめ、数年後に再び売れ出したという。
こういう感覚的で意味不明な絵や音に
子供たちが心惹かれるのはなぜだろう。

谷川俊太郎氏は、ある講演の中で、
こういったある種のナンセンスな表現を、
「人生の手触りである」
と話していた。

ユーモアとでもいうのだろうか、
そういう排除されてしまいがちな
バカバカしいことや、無意味なことを
「人生の手触り」といわれて、
僕はなんだかとても腑に落ちたのである。
人生の大切なエッセンスのひとつであるとおもう。

まさに子供たちはこの
人生の手触りを
存分に楽しんでいる存在だと思う。
例えばおはしとおはしがなる音をおもしろがり、
パーカーのチャックの感触を飽きずにいじくり、
つくえのはしっこをがぶりとひとくち。
おなじことをずっとやってる。

生きていることが
本来発見にあふれ
毎日の景色も会話も
驚きに満ち満ちているのだとしたら
大人のみるものの中にも
無数の発見があるんだよと、
こどもたちから言われてるような気がした。

この絵本では「しーん」とした平地から
「にょき」とたんこぶみたいなものがあらわれる。
僕はそのたんこぶを考える。
太陽がのぼるときのような、
生命が誕生するときのような、
アイディアがうかんだときのような。

こどもたちにはなんだってよいのである。
「にょき」とでたページをめくった瞬間に、
はじけるような笑顔になって、
それだけでもう大喜びなのだから。











PageTop

金魚

IMG_0976_convert_20100421234609.jpg IMG_0915_convert_20100421235926.jpg



保育園の窓側に、金魚の水槽がおいてあった。
去年の夏まつりで先生達がとってきたのが始まりで、
月日が経つうちに金魚はどんどん増えていって、
最後には30匹ぐらいになった。

いつからだろうか、
しらないうちに金魚の飼育係になってしまった。
これが祭りや餌用の金魚だから
案外にパタパタと死んでしまって、
死骸を埋めるのが一苦労だった。

死骸はすぐ近くの歩道沿いの土に、
こどもたち数人と一緒に埋めにいくのが、
いつからかきまりになった。

2歳の子、3歳の子、4歳の子。
みんなそとに出れるだけで嬉しいから
死骸を埋めにきたことを忘れてしまうこもいる。
そのなかでも何人かの子は、
誰にいわれるでもなく、
葉や枝を拾ってきてお墓に飾りつけをはじめる。
そこには既にたくさんの金魚が埋めてあるから、
どの金魚かわかるようにするためらしい。
ちいさな死骸が土のなかに埋められるのも
しっかりみつめながら、
「さようなら」といってまたげんきにもどっていく。

新宿に住む子供たちは
本物のいきものをみたり、さわったりすることが
ほんとうにすくないと思う。
人ごみとコンクリートの世界で
こどもたちは本当は何を感じていきているのだろう。

死んだいきものを触って、なにかを思ったり
つくられたものでない、大きな自然のなかの、
土のやわらかさや風のかおり、遮るもののない陽の光を、
本当は毎日浴びてほしい。

そんなことをよく思ったけれど、
でもこどもたちはすでになんでもしっているとおもう。
こどもたちが教えてくれたこと、
こどもたちは実は、自然に一番ちかい存在。

ちかくにあるぬいぐるみやおもちゃに命を見出し、
草花や自然そのすべてに
人間とおなじように命や気持ちが宿っているということを
知っているんだなと思った。















PageTop


約1年ぶりに家にインターネットがつながって、
約1年ぶりにブログを更新してみることにしました。

あらためて、むかしの自分の記事をみると、
まあよくいろいろと書いていたなあと感心します。
アメリカにいたころ、文章はなんだか適当で、曖昧で
将来への不安な気持ちがとてもでていたと思う。

はたして4年たったいま、
自分はかわっただろうか。
否。
将来への不安はいまだ消えず
意気地のなさは高校生のままだ。
経験だけが無造作に重ねられていった。

経験をつんでいくことは
よいことでもあるけれど、
同時に失っていくものもあると思う。
自分をしったような気になる。
人間を理解したような錯覚をする。
世界はこんなもんだとたかをくくる。
こどもたちの世界では
そんな知ったかぶりは到底必要ないのに。

もうそうなったら青春は終わりを告げて、
反射神経はどんどん老いて、
世界はどんどん狭くなって、
日々にあるちかくの、小さな驚きは
からだからどんどん遠ざかっていく。

文章を毎日書くというのは
とてもよいことだとおもう。
本当はパソコンではなくて、紙に文章を書くのは
もっとよいことのようにおもう。
大切なものは何かを描くことの中に
みつかったりするから。

感性は鈍る。
日々の流れに抗わないかぎり。
発見は終わらない。
にんげんへの好奇心があれば。






PageTop



浮遊するこの特異なる運命よ
僕は一時もあなたから離れることはない
あなたは影のようでまた意志のようだね

あなたは永遠ゆえの恐怖?
地球の底に手をいれてもみつからない
ふれることもできない
あなたとはなに?

あなたは未知ゆえの不安?
となりの人はなにも教えてはくれない
見覚えのない草原に
遥か昔の記憶がひとり、
たちつくし、こちらを見ている
僕はあなたについてなにも知らず
僕はあなたにたいしてなにもしない

雨のふる三月に
空からおちてくる無数の警鐘
その中から
僕はあなたという真実のみを見つめ続ける
探しつづける

体温と感情は
知らぬ間に成長していく
目と鼻と口と耳が瞬時に宇宙にむけてぱっと開いて
目の前の大きく広がる景色を
包みかえす

その事実はなんて素晴らしいのだろう
それでも
僕が想像できる素晴らしいことは
僕自身のこと
あなたについて
もうきまっている未来について












PageTop


ぼくらは
同じ月をみている
モーションピクチャーの中ではなくて
ここで
同じ手紙をかいている

かわらないなものは
すぐ近くにある
それはわたしのうた
わたしのためだけのうた

ぼくらは
同じ鳥をみている
すぐにはわからないかもしれない
彼女のことばを聞いても

ぼくらは動く
美しさを感じるのは
僕らが美しいから

ちいさな部屋にひとりおります
いきている小さな花と同じく

とてもとおいむかしから
風の中にいきる子供
これからもずっと









PageTop


おとこはいつも明日の景色ばかりみている
騒がしい今日の地球の一日を
過去の産物とする
背中に流れてしまった時間のように
憂い嘆いているように

お前は強きものか 弱きものか

おとこは未完成のものへの思いを募らせ
しかし乱暴にその道程を壊す
しばらく過ちをおかしたのちに
丁寧に かと思うとのらりくらりと
あなたは何者であるかと
となりのものにたずねるのである

殺すもの 殺されるもの
なにもできないもの

深い悲しみは 記憶する
おとこの深い悲しみを
ゆれうごく 若輩の過ちを
孤高のごとき ふざけたいいわけを

全生命は律動しゆく
ただ 変化しゆく
あかるいほうへと

世界にひとりだけ
寒い冬をこえて
再生する おおきな存在

瞬間に瞬間に
おとこたちの法則の中に
地球のメロディは完成し
次の未完成のために
ほぼ永遠的に
象られ 色づいていく

おとこたちは だれひとり
かけることなく その輪の中にいる










PageTop


自己の批評をしらっとかいくぐって
この微小なる存在 そのままをうつしだそう
照らし出される本性をもって
この有限なるカラダ 自分であると認めよう

そこには 理由もなければ
ゆくべき道目的地も必要なく

ただカラダとココロでひとつの円をえがきながら
すこし嘲笑ってすこしづつ まえにむかう

この男は逃げないだろう
迫っては去っていく後悔から
この男は迷わないだろう
静止画のような錆びた感情から

だれもかれも
それぞれの場所で
ただ現在
唯一の誇れる幻影なのだ

ゆれる 青空よ
ちいさな 両手よ
あんたはその彼方で何をみてる?
彼はちょうどよい言葉がみつからないから
ただただ だまっているだけだった

もうすぐ 新しい日がはじまる
そこには 背中をむける月
薄白色の 時間が
彼とともにいるよ




















PageTop


細かい気持ちがいつでも溢れ出して
いつでもカタチに収まりたがっている

窓の外から聞こえる雨音にそろって
たそがれといとしさが沸きあがるのを
僕は知らないふりをするのだ

感情の体温と体の記憶が
ゆっくりと鈍化している
いますぐに取り返さねば
その権利を
いますぐに取り返さねば




PageTop



少しずつ 少しずつ
紡ぎだされていく イメージ

ぼくは作り出すことができる
かたちを決めず 移ろうことができる

少しずつ 少しずつ
あかされていく 正体

アムトラックの最終便
両手を広げてその光をおったっけ
そのときはそれが正しいと思った

背中には天使のタトゥー
隣りの椅子には100ドル札の束がいくつか
彼女もどこにいくのか知らない

今も変わらない その時間は
まだこの東京にあるみたいで

記憶の映像は乳白色の幻影みたく
ふわふわと消えたり浮かんだり

あべこべのちんぷんかんぷん
ひょろひょろとしてふらふら

ずっとずっと遠いどこかの国
静かに部屋の光が届いている
僕は過去もそしてこれからも
一度も出会うことはないだろう
扉は開かれているのに

どちらにしろ 僕らは後悔するのだろう
そしていつも不安を抱くのだろう
好き勝手に言いたいことをいうのだろう

過去の裏側に意味などない
意味などないのだ











PageTop




いかにすればおのれを知ることができるか。
観察によるだけでは決してできないが、
行動を通じてならば可能となる。

きみの義務をはたすことを試みるがよい。
きみがいかなる人間であるかがすぐにわかるはずだ。


ゲーテ

















PageTop


横尾忠則が隠居生活へ。
隠居生活と聞くと、一見創作活動をやめて温泉でもはいりながら、
優雅に老後を楽しんでいるかのように思われがちだが、
彼はむしろ今までよりも更に激しく、実験的に創作をつづけている。
それは少年性という彼自身の根源的な独創性の奪回でもあった。

今、かれは公開制作というパフォーマンスをとおして
ライフワークでもある「Y字路」をはじめとする作品を制作している。
彼が今後継続してつづけていく「公開制作」というスタイル、
パブリックでパフォーマンスをするペインティング(かれはこれをPPPとよんでいる)は、
彼が絵を描く行程を、数十人の観客がただひたすら同じ空間の中で共有し、鑑賞する。

絵を描く後ろから、無数の人々の想念や期待が彼の背中につきささるという。
その不思議な空間に放り出されると、「自我」がうすれて、手がすらすらうごく。
考えるという行為が極力へって、無意識なる力が彼の絵をぐいぐいすすめる。
考えた絵はどうもだめで、体がどんどん動く絵はやはり力強い。
それは、人間同士の、共通する感覚の共有であると思う。
自我が自然と薄れて、人間に流れるパブリックな感覚。

なにかを自分で「発見」すること。既にあるテーマにそって描くのではなく、
生命の中でみつけてかたちにする。「引用」ではなく「発見」。
絵を描く中でとても重要なこと。
そして一番むずかしいこと。

そして彼は、いままでの彼の全ての作品は「未完成」であるといった。
完成を焦ってはいけない。
わたしたちの日々の生活も未完成でながれていく。
常に色々なものが未完成で過ぎ去るのが常であるならば、
結論をあせる必要はない。これが彼の考え方。

感受性の共通性をみとめる。
観客とともに求めあう。

谷川俊太郎の文章にこんな一文がある。

・・・けれどこの海鳴りのようなものは、
地上に属している、いやもしかすると地獄から
聞こえてくるのかもしれません。だからこそそれは、
宇宙の真空の沈黙にまでつながっています。
その海鳴りのような魂のざわめきの中に1人のあなたがいます。
そして私もいます。詩の言葉は私の中から生まれるのではなく、
私を通って生まれてくるのです。
それは私の言葉ではありますが、
私だけの言葉ではなく、あなたのことばでもあるのです。
私にとってインスピレーションをもつとは、
見知らぬあなたの、言葉にならぬ魂のきしみに耳をすまそうとすること
だと言えるかもしれません。
自分にその能力があるかどうかを、絶え間なく疑いながらも。
(谷川俊太郎詩選集より)


地球の底から、「わたし」という体をとおってうまれてくる。
なんとも形容しがたい不思議で絶妙な表現。
芸術とは多くの人間のたましいのざわめきから生まれる、呼応する感情なのだろうか。











PageTop

「趣味や個性の根はどこにあるのか考えろ。スタジオワークを嫌うな。」

「生身の皮膚感をもった作品には勝てない」

「11歳くらいにすきだったものにこだわって、その延長線上に仕事があれば、
いいところまでいける。技術論で手に入れたものは時代にふりまわされるだけで、
オリジナルにはならない。作り手が絶対に譲れないものが時代の壁を突破していける。」

「熱くなれ」














PageTop



ひとは縁によって別れたり出会ったりして
毎日、うまれては死んでいく
かわらないようにみえる日々の生活も


毎日、きみの細胞や思いは新しくなって
ずっとつづく道をあるいてる


世界はひろすぎて想像できない
だから想像するのはむかしから
きみやかれやかのじょのかお
でもそれも不確かであまりにあいまい
そしてそれはときにとても悲しい


そして きがつくと
今日もおおきく広がる朝をみる
なんのために?
だれのために?


ぼくは、
ぼくは
だれになにをあたえるでもなく
それでいて
あたえられることをのぞみ
まもられることをしらじらしく祈り
イライラした街に同化して


ひとりこの深い闇の箱にはいり
ひとり勝手に泣いたろう


悩みもがきつづけることのなかに
じつは一番大切なことがあるの?


ぼくらは地球という草原に
たわむれつづけるこども
理由なんかいらないんだから
だから うたう
ラララ ラララ


けつろん
目的はただひとつ
すべてのことは
ぼくらの「幸福」のために。
それだけのために
僕らはそれぞれの
仕事をするのだ


君のちからをあなどってはいけないよ。








 yusuke




PageTop


昨夜、HEADS主催のASUNA君レコ発パーティーの為、久々の渋谷o-nestへ。

ライブ自体ずっといけなかったから
予想以上に触発されたり、感動したり、心地よかったりで。
新たな創作へのバイタリティーを注入された気分です。

今回いくつかのバンドを見て、とても強く感じたこと
演奏の中に絶対的な感情とか意志みたいなものが強く強烈に
垣間見えないと
いくら技術があったり上手くても
全然こころが動かされないなぁと実感をしました。

そういう意味では
ASUNA君のライブは感情と温度が不器用でも
強烈に解き放たれていて
言い方は変ですが、心地よかった。

この人間味って体現するのは意外と難しい。
ライブは特にその人の熱(または無感情・ナンセンス)が
直接ステージ上で飛び散るのが醍醐味だから
どうしてもそういう荒いパフォーマンスや
神々しさみたいなものを観客はもとめてしまう。
僕もその1人として別世界の世界をのぞんだ。
でもステージの上の嘘は簡単に見破られる。

音楽が放つ振動の中には真実しかない。
本当の欲求。本当の感情。
でも演奏者は今日も自分を疑い、音楽に迷い、
世界のおわりを目指して
音楽をかなでていくのである。














PageTop