numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

m u si c




2811041488.jpeg


the shaggs『philosophy of the world』 1969


ガールズ・バンドの先駆けとなったバンドだ。
60年代後半にドロシー・ベッティ・ヘレンのウィッギン三姉妹により、アメリカのニュー・ハンプシャー州で結成。その常軌を逸したプレースタイルは違和感も不快感も通り越して、神聖で、陽気で、いびつながらも完成された感性がむきだしにされる。2本ギター&ドラムス&ツインヴォーカルから放たれる無秩序&楽観的失望&確信的ニヒル&天然的カオスの妙味は、しかも一度聞いたことがあるようなメロディへと変化してゆく。何度も聞く度に、次はしっかりとリズムがあってくれろと想像するも、彼女達の甲高くもマイルドな喜びの歌声で、そんな小さな要素はいとも簡単に飛ばされてゆくのだった。






window_1.jpg


amiina『kurr』2007


sigur rosのバックバンドとしても活動しているアイスランドの女性ストリング・カルテットamiina。美しいマジカル・オーケストラル・チェンバーポップサウンド。Bjork,sigur ros,mum等に代表されるアイスランドの音楽は、その中に共通する牧歌的でメルヘンな空気を包んでいて、冬の冷気を浴びているような、そんな少し鋭敏な感覚をいつも感じるのだ。アイスランドは音楽が盛んだ。人口30万人に対して音楽学校が90校以上もある。その様子は最近日本でも公開された「screaming masterpiece」でも紹介され、その中にamiinaも可憐な笑顔を見せている。

「Kurr」は彼女達にとっての初めてのアルバム、その楽器の多様さに驚かされる。ハープ、カリンバ、チェレステ、ギター、種々ストリングス、ワイングラス、種々管楽器。特筆すべきところは、その”非”楽器性だ。そしてそこから紡ぎだされる音響センスだ。女性的な間、音の滑らかさ、優しさ、暖かさが4重に重なる時にそれはシンプルな魂(amina)へと昇華して、嘘偽りのない純粋無垢な叫びとなる。

Amiinaは音が消える最後の数秒の響き、もしくは不可聴周波数で音楽を作っている。レコードからCDへの変換時、レコードフリーク達はCDからではレコードのなんともいえない暖かさを感じられないと口を揃えて言っていたらしいが、実はそれは最もなことでCDは可聴周波数以外の音を削った。人間には聞こえないのだから必要のない音だということで。下は20~30ヘルツ、上は20キロヘルツという具合に領域を絞ったのだ。ただ厳密に言えば、聞こえないが感じるのだ。脳や皮膚はその領域を無意識に感じているのだ。実は、音の世界でもその領域が最も重要な要素なんではないかと考える。amiinaの音はその聖域を凌駕してる。目に見えないものこそが大切で、その目に見えないものをどこまで信じる事ができるのかが大切であると。時折耳鳴りのような残響を残す彼女達の響きは、時に無機質で強ばるが、その奥には常に不在の神がいる。




bio_photo02.jpg



宮内 優里 『Farcus』 2007

1983年生まれ。海外では「ラップトップ世代のアントニオ・カルロス・ジョビン」とも評されるアコースティック・エレクトロニカ・サウンド。高野寛+原田郁子(クラムボン)による細野晴臣トリビュート・アルバム収録曲『終わりの季節』のアディショナル・プログラミングを担当。起き抜けの空と風が一日の始まりを告げるような音楽。オーガニックな楽器とデジタル音の絡まりは常に空間を飛び回るように風景を癒し、繊細でユーモアをもった音楽。まだこの人24歳だ。嫉妬にも似た興味を抱く。音に対してとても誠実で忠実なひと。



















スポンサーサイト

PageTop

fall, winter, spring, summer,and fall



B000FPYNR6.01._AA240_SCLZZZZZZZ_V65902366_.jpg B000GQL8KE.09.MZZZZZZZ.jpg 

◆Thom York - The Eraser-
◆Guther - sundet-

氷から水、水から水蒸気へと”変化”する時、大きなエネルギーを必要とする。人間も同じで新しいことを始める時、新しい自分になろうとする時、そこには大きなエネルギーがいる。でも中々簡単に出せるものでもない。そういう時に、他人が放つ書物や映画や音楽の持つ力は大きい。今までずっと素通りしていたものが、自分自身のアンテナがそういうきっかけを求めている時、そういうものが目の前に現れる。Thom Yorkのアルバムの6曲目、Atoms for Peaceが。

昔からRadioheadの悲壮感を否定する人は多いが、この音は悲観を含みつつも楽観の音を最もシンプルで最も力強い方法で放出する。音楽に対する愛情や自分の感情に対する客観的な反応が、Thom Yorkの音には忠実に凝縮されてる。

6年ぶりのGutherのアルバムはmorr musicから。
以下、URL等、CHECK.

■Radiohead
http://www.radiohead.com/

■Thom York
http://www.theeraser.net/Stage4UK/

■Guther
http://www.guthermusic.de/




PageTop


   interview_takagi.jpg

高木正勝(右)
京都発、青木孝允氏(音楽担当)と高木正勝氏(映像担当)によるエレクトロニカユニットSILICOMとしてそのキャリアをスタート。繊細でいて大胆な音と映像の同期はとても斬新で、聴覚と視覚を同時に刺激。クラブミュージックにとどまらず、現代アートにアプローチ出来るクオリティを持つ彼らは、過去にイスタンブールビエンナーレ(トルコ)、BATOFAR(フランス)などに出演。トータスの前座などもこなす。解散後はソロとして活躍。現在KENZOAIRフリップブック企画参加アーティスト、兼映像作家/ミュージシャン。国内外のレーベルからCD/DVDをリリースすると同時に、アートスペースでのビデオインスタレーションや世界各地でのライブ、UA,sketchshow,polaris,sigurros,YUKI,コーネリアス,坂本龍一,つじあやの等とのコラボレーションなど、分野に限定されない多様な活動を展開中。普段から匂いを想起させる音に興味があるという彼は、フレグランスの匂いから受けたイメージを元に、子供が日常の中で放つ輝きや優雅さを鮮やかな色と動きに置き換えて表現する。世界中を旅した際に撮りためた映像群。欧米の雑誌にも頻繁に特集される彼は若干25歳、幅広い才能を開花させて、表現の可能性を見せてくれる若き日本のクリエイター。彼のホームページで多くのsound・video・photoを体験できます。ユーマストチェック。

s-opuspia.jpg s-jfp.jpg

http://www.takagimasakatsu.com/


AFRA(左)
2004年FUJIXEROXCMで一躍お茶の間の話題になったヒューマンビートボクサー。日本にヒューマンビートボックスを広めたパイオニア的存在。1996年にセントラルパークで見たTHEROOTSのビートボクサーRAHZELのパフォーマンスに衝撃を受け独学でビートボックスを始める。高校卒業後ニューヨークへ単身渡米、映画“SCRATCH”出演や、唯一の日本人として出演したビートボックスドキュメンタリーフィルム“BREATHCONTROL”などを通して日本のコアなファンにも強烈に存在をアピール。2003年日本人初のヒューマンビートボックスアルバムとなる1st“AlwaysFreshRhythmAttack”をリリース。この人、純粋にかっこいい。雑誌relaxでヒューマンビートのレッスンをしていました。







PageTop



  remoteviewer-heart_MED.jpg

The Remote Viewer
Here i go again on my own (left)
Let your heart draw a line (right)

改めて、音はイロとカタチをもっていることを悠々と教えてくれる音楽家。とても感覚的かつ肉体的音楽で、敏感でいて繊細な音の振動が多彩な表情と季節を体現した珠玉の二枚。遠い異国で奏でられた安心するサウンドに、簡単に集中することができる。それは体温が暖まる音でもあり、景色のない道ばたに佇んでいる音でもあって、最後まで美しいメロデイーが消えない。Hoodというメンバーとしても活躍するremote viewer、ドイツのcity centre officesからのアルバム。パルス音・クリック音のグリッチの上に神々しいメロデイーと無音をごく自然に乗せていくやさしさ。





PageTop

ripple.jpg p10365.gif

Fonica - Ripple
Filfla - Frame

感情的にならずに感情を形作る作業が杉本氏の作品の特徴であるように思う。人工的なデジタルプロセッシングがあるレベルを超えて、聴衆の感情を代弁し始めるのは、とても不思議な感覚で、抵抗なく受け入れられる。それと、一つ一つの音に対する執着がすごい。低音から高音まで丁寧に作られている中での完成度は無論高くて、やわらかい。それらの音への愛着と自信にとても惹き付けられる。RippleにはMitchell Akiyama、Sogarのremixを収録、今年8月に別名儀Filflaとしてのファーストを発売。リズムを基調とした楽曲は新しい無感情の表現に対する挑戦でもある。




PageTop



to rococo rot
hotel morgen 2003

ドイツの3人組To Rococo Rotは96年結成、変化に変化を遂げながら実験的なミニマリズム電子音楽を披露してきた。彼らの魅力はミニマリズムの重複、重厚なベース、スローギターの組み合わせによって情思的であり機械的であるサウンドを体現したところにある。全3作に比べると、今作は生音をふんだんに取り入れたオーガニックな雰囲気が目立つ。フラットでシックなイメージから一転、フォーキーなフレーズとダンスミュージックのコンビネーションで真に美しく、踊れる一枚。曖昧だったバスドラムや高音の電子音がよりはっきり聞こえてきて、音の流れとメロデイーに彼らの確信と確立が見える。クラフトワークを始めとするドイツプログレッシブテクノに共通する音の画一性と冷静さを持ちながら、計算されつくされた音の配置は寒気がするほど正確だ。10年のキャリアで築いた薄く広がるサウンドはリズムやスキルよりもひとつの美しいグルーヴ感(統一感)へ到達した。

PageTop

opto.jpg

opiate -sometimes-
opto -2nd-


bjork-Vespertine-へ"Cocoon""Undo"の2曲を提供したことで認知し始めたOpiateことThomas Knak。2003年遂に独モー・ミュージック”Sometimes”をリリース。2004年カールステンニコライとの共作「2nd」を発表。ストリングス、ピアノ、アコギの生音を取り込んだオーガニックなテクスチャーにセンシティヴでソフトなアンビエントリスニングエレクトロニカ。と横文字ばかりになってしまったが、生楽器と電子音楽は本当に相性が良いと思う。電子音の広がりが、空間と形を作って、それに溶け込むように、その上でギターは自由自在に、安心して音を奏でて、そしてその音は上へ前へ飛び跳ねる。その音はとても優しく懐かしい淡さを持っている。"sometimes"はとても聞きやすいアルバムだ。トリッキーなリズムの中でも柔らかい質感は始めから最後までなくならない。彼は他にOpto[Opiate(Thomas Knak)+Noto(Carsten Nicolai)]としても活動。エレクトロニクス+ピアノ+ギター+フィールドレコーデイングが加えられた、静寂な彼等のチル・トラックから深海系音響トラックまで。

PageTop

00i00.jpg

OOIOO

Gold & green
2005年

開放的な音楽アルバム。ニューウェイブ・トライバル(部族音楽)、ハワイアン+ジャズのミックス(フラジャズ)、トライバル+デイスコパンクを融合、世界各地の楽器を奏でる。1曲目の「開山式」に始まり、12曲目の「閉山式」まで、南国の金緑の山中をテーマにした山コンセプトアルバム。結成は雑誌SWITCHでの架空のバンドとして立案、95年結成。トラットリア/ショックシテイを経て、現在はthrilljockey所属。beastieboys,stereolab,sonicyouth等の前座で徐徐にその実力を現してきた。彼女達のアルバムの中でも最も評価され、最も構想が音として体現されている一枚。一番驚くのは一人の声が何種類もの音へと自在に変化してうねりねじれるような感覚、と色と形を持っている“鮮やか”な楽器達。本当に音を楽しまなければここまで自由に表現できないはずで、その音の自由さと女性的躍動感はリスナーの高揚感へと変化して、そしてそのどれもが女性の音とは思えないほど力強くて音の配置と構成がかなりの完成度をもっているようだ。ボアダムスに見られる空に無量無辺に伸びて行く音のフロウが自由と解放を演出して、花火と虹を同時に見るようなエネルギーとスピードに溢れたアルバム。聞き手としてのテンションが要求される。



PageTop

coltranej189.gif

John Coltrain with the red garland trio
Traneing in/1957

ジョン・ウィリアム・コルトレーン。1926年9月23日ノースカロライナ州ハムレット生まれ。洋服仕立て職人の父から音楽の手ほどきをうける。12才の時に父が他界。フィラデルフィアに移住後製糖工場で働きながら音楽学校へ進学。45年、海軍に入りハワイで音楽隊のクラリネット奏者に、46年の除隊後いくつかのリズム&ブルース・バンドどでアルト・サックスを吹き、47年、エディ・ウインソン楽団に入ってテナーへと転換。デジー・ガレスピー、アール・ボスティック、ジョニー・ホッジスの楽団を経て、1995年、マイルス・デイヴィスに認められ、クインテットのメンバーになる。マイルスのもとで独自の演奏方法を確立し56年秋に退団。57年セロニアス・モンクのコンボに短期間参加したあと、マイルスのグループに再加入。モード(旋法)という音の配列による新しいアドリブの手法に取り組んでいたマイルスの影響を受けながら、ビートを細かくした速いテンポノ激しいフレージングでエモーションを表出する手法を創造。音を敷きつめる、シーツで覆うような感じからシーツ・オブ・サウンドと形容された。1960年にマイルスから離れ、自身のグループを結成。希少だったソプラノ・サックスに文字どおり新生命を吹き込んだことでも注目され、やがて彼はインド音楽を研究し、神と宇宙を思考する。そして1964年には神への感謝と賛美を表現した4部からなる名作『至上の愛』を録音。それから独自のフリー・ジャズで盛んな意欲を示したが、1967年肝臓炎のため40才の若さで死去。

ジャズを聞かなくても、また音楽に興味がなくても、彼とこのアルバムの即興性とその高揚感に本然的なエネルギーを感じない人はいないだろう。彼の弾く楽器がラップし、歌い、フリップし、雄弁に語るように聞こえてくる。ジャズは主張と尊重が混ざりあった音楽だ。誰もがソロのパートを持って、一方で他の音をひきたてながら、最後に同じ音を奏でる。コルトレーンの音と息づかいは特別に強く荒々しい。このアルバムでそれを支えているのはarthur taylorのドラムだ。そして何度聞いてもコルトレーンの音色は、激しいほどの”生”と”音”への感謝のような気がしてならない。

PageTop

fennesz_hotel.jpg opi.jpg chri.jpg
from left

Prefuse 73 -none-
Fennesz -Hotel Parallel-
Opiate -While you were sleeping-
Christ -metamorphic reproduction-

”コンピュータによって偶発的に発生したグリッチといわれる一種のノイズをメインに扱いまた、曲の展開や進行、音そのものに偶発的要素やこれまでの音楽的様式を否定した前衛音楽的な面も見られ、同じくグリッチノイズを扱っている音響派やドローン、ロウアーケースミュージック等と共に、音楽性に対してより抽象的にアプローチしている”と定義されるフォークトロニカ、エレクトロニカ、音響、等全ての電子音楽的カテゴリーを越えて、一つ一つのバンドを一つのジャンルとして見なければだめだ。聴きやすく、受け入れやすく、理解しやすくする為だけにカテゴリーにわけてしまう事はできない。特に彼らの音やその根源はとてもアブストラクトで悶々としている。だけどそれは至極自然で純粋な表現の結果だと思う。prefuse73はsavath&savarasのソロ名義で、混沌とメロデイーが覚醒されて簡素な音になっている。上とは別でmumというバンド。MUMはmiceparadeのサポートでボーカルとして参加。アイルランド出身で同郷のbjorkやsigurrosとの交流が深い。低音の中に彼女の声が全く独立して美しく鳴る。どのアルバムもとても繊細でデイテールの美しさがあります。

PageTop

ss.jpgporalis.gifFISHMANS.gifzazen.gif
from left

Spangle Call lilli Line [or]
Polaris [cosmos]
Fishmans [宇宙 日本 世田谷}
zazen boys [zazen boys II]

音楽の一つの要素としての日本語というツールは他の言語に比べて音との相性の良し悪しがはっきり分かれる傾向にあって、その柔軟性と擬音語特有の表現からリズムが変則的で奇抜になる。この4つのバンドは異なるジャンルの中でしかし言葉のオリジナリテイーと都会的な強い感覚を持っているという点で皆近いものがある。詩が独立しているのではなくて、声と楽器の音との隔たりがないのがとても心地よくて彼らに代表されるそれはとても日本的だと思う。


PageTop

888.jpg

Chet Baker [sings]

歌声はとても切ない、彼が吹くトランペットもまた哀しい、にもかかわらず彼のどのアルバムからもポジテイブな雰囲気を感じるのは、そこにその切なさを思うなにかがあるからだ。彼はきっと言葉にできないせつなさや哀しさを大切にして、そしてそれを誰かの為に歌っているような気がする。このアルバムをかけるとき、時間の針はゆっくりと遅くなって夜は深まり、不思議な感情が内側から現われてくる。それはきっと彼自身の感情そのものでもあるはず。

PageTop

15.jpg14.jpg13.jpg12.jpglalipunaa.jpg10.jpg

from left-
Ann Laplantine
Stina Nordenstam
Guther
Juana Molina
Lali Puna
Emilina Torrini

album
[summarize cherry red]
[and she closed her eyes]
[I know you know]
[TresCosas]
[Faking the book]
[Fisherman's women]

女性は風景や物事を瞬間で捉える才能が長けているという。この6人の音楽家を聞くと女性の世界観は男性とかなり違うなあと、感情を瞬間で捉えている感じがするなと思うし、だからこそダイレクトに伝わるのだろうとも思う。女性は男性に比べて堅実だ。現実的で目標から脱線しない着実さがある。男性はビールが上手くてああ死ぬほど幸せとなるが女性はそうはいかない。そういった感覚の違いが表現にも現れてきて興味深いし、ただ女性の包み込むような優しさだけはどうあっても女性だけの才能のようだ。

PageTop

Sigur Ros

20051014071303.jpgSigur_ros_1.gif20051014071321.jpg

Sigur Ros
Takk.....
2005

ジョンジー、ゲオルグ、キャータン、オリーからなるアイスランド出身の四人組エレクトロニカバンド。ロックからパンクまで経験豊富な四人が最終的に辿り着いたのは純粋な彼ら独自の音と演奏方法だった。アルバムの質の高さは勿論、彼ら特有の演奏方法、独自の言葉を使った歌詞などがその奥行きの深さを更に太くする。ジョンジー独自の言語体系、造語ホープランド(その言葉と融合すると美しい音になるノイズ)を歌詞の中にふんだんに取り入れてそれが歌に特有のリズムと間を作り出す。第三作目のアルバムはその完成を半分以上リスナーに任せている隙間だらけのアルバムだ。だからリスナーにはそれだけの力量が試されているという事でもある。7曲目の死の歌、8曲目のポップソングに代表される統一性とメッセージ性のないこのアルバムの素質はそのままこのニューアルバムにも引き継がれて流れ込んでいる。ただ、むしろ更に頑固に強く太く重なり合う音の群れが容赦なく聞こえてくる。このアルバムを好きになるポイントは各々の想像力と集中力で残り半分のすきまを埋めていくこと、だ。どれも本当にすばらしいアルバムでやさしく穏やかな気持ちになります。そしてジョンジーのリバーブがずっと耳の奥のほうまで流れてとけていくかんじ。

PageTop

Death Cab For Cutie

death-cab-the-photo-album.jpg

Death Cab for Cutie
Photo Album 2001

1997年シアトルで結成の四人組バンド。流れる様なギターサウンドに存在感のない透明な声が周りの音と重なってゆく。ソフトドラム+生音スタイル中心にアメリカ内では希少な繊細さがある。ストーンローゼスからの影響とパステルズやピクシーズのようなやさしく温度のあるメロデイーが軽くて暖かい。全曲通して彼らは音も曲の流れもとてもシャイで正直であり、厚みのある音の中に特有のシャープさがあり、そしてとてもバランスがよくて、肩に力が入っていないバンドだ。興味深いのは聞く度にその印象が少しづつ変わっていくような感覚を覚えて、得に暗闇で視覚を遮った状態で彼らの曲を聴くと、ボーカルがダイレクトで届くようでその音色の美しさに驚く。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。