numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1225-28




25日 午前、疾走。 午後、珍走。
26日 午前、多忙。 午後、惜別。
27日 午前、機上。 
28日 午後、帰国。








スポンサーサイト

PageTop

122324 sat/sun




23 午前、歯医者、午後、郵便局、韓国料理、談笑。

24 午前、からまわり 午後、鍋、お別れ、談笑。










PageTop

1222 thursday



歯痛が限界の向こう側に到達し、ダッシュで歯医者へゴー。親切な先生の
親切な治療はそれに反して情け容赦なく過激だったわけで・・。

「(レントゲンを見ながら)あっちゃあー、あのね、これかなり奥までいっちゃってるから、麻酔してもあんまりきかないんだよねえ。だから麻酔なしでいっちゃうよ?」
「え・・大丈夫ですか・・?痛いですか・・?」
「大丈夫よ。うん、少し痛いかも。痛かったら手をあげてね。」
「・・はい。」
キュイーンシュボシュボボガンガン。がはっ。いたっ。はい。先生!
先生の言う通りめちゃめちゃ痛いです。俺はバッと手をあげて、
「いはいへす(痛いです)」というと、
「あー、わかってるわかってる」
「え・・・。」
ギュイーンパンパンドルスパン!
「あががががががががが。」

いたたたた!!先生・・、全然わかってない・・。むしろ、後半の方が力強い。
って休みなしで20分後拷問終了。あの小学生の頃の歯医者でのドキドキ感を味わいながらもあら不思議、悲鳴をあげていた歯茎からは痛みがとれて、軽い。
「先生。もう痛くないっす。あざーっす。」
といって帰途についた。先生の話だと状態は非常に悪かったようで後一歩で大変な事になっていたらしい。やっぱりあの痛さは普通じゃなかったのね。痛くなったら早めに医者へゴー。一応、応急処置の治療なので日本で再治療が必要。成田出身だといったら、成田の先生を紹介してくれるという。パッとその名前を見ると、中村デンタルクリニックでした。同級生の歯医者。世界はせまい。その後、いらない物を捨て、服などはドネーションセンターへ。明日最後にボストンを自転車でまわって、自転車を日本に送ろう。











PageTop

122021 tues・wednesday



20日

今学期の成績が全クラスオールAという偉業を奇跡的に成し遂げ、卒業が確定していやっほぅーと思ってたらその代償として歯痛がついてきた。ガビビーン。これはやっかいもんだ。そして話によるとニューヨークの交通網(バス・地下鉄)が現在スト状態で全く使えないらしい+歯痛+忙しさのためニューヨークは断念。


21日

歯痛で正露丸&バファリンを服用。うーん、あと一週間もってくれ。歯痛はきついね。バイタリティーが失われてしまうね。その上、外が寒いので、とてもシュミテクト。異国だと思っていた場所でも、5年もいると無論たくさんの環境や人々と繋がっていて、どこにいても絶対に一人で生きていくことなんてできないんだなあと実感する。支えられ、刺激されていた生活。今週は多くの人に別れを告げて、感情がたくさん動き、そのお陰で大切な時間を過ごしていた事に気がつく。もう会えない人、これからも会える人、忘れてしまう人、その出会いと別れはさまざまでも、今日その全ての出会いに対して素直に納得することができた。感謝。感謝。


穴賢。






PageTop

1219 monday



04ua_uta.jpg

ふとCD屋に入り、ふとDVDを見ていたら、たけしの座頭一のDVDが新品で5ドルで売られていた。これ、絶対ラベル間違えてると思いつつレジに行くと、5ドルだった。帰って見ると、いい映画だった。最後のタップダンスのシーンはなんだか泣ける。楽しいのに泣ける。冬の寒さに慣れてきたクリスマスシーズン中は、心無しか人が少ない。アメリカはニューイヤーズよりもクリスマスが重要らしい。ニューヨークに一週間程滞在する予定が難しくなり一泊に。あと7日。

「うたうううあ」NHK教育テレビ、うたのあねえさん「ううあ」の童謡集。「ゆき」「もりのくまさん」などの動揺がUA的アプローチと解釈でアレンジされた楽曲。

UA
http://www.jvcmusic.co.jp/ua/uauaua/index.html








PageTop

1217・18 sat-sunday




17日、最後のバイト。思い返せば2002年5月-2005年12月、3年7ヶ月も働いた、らしい。よく辞めずに働けたなー。いろいろあったけれど、いろいろな意味で良いトレーニングだった。たくさんの人に出会えた事が一番大きかった。でも飲食店で働くのはやはり、大変だ。
18日、一日中忙しかった上に夜9時からバイトの大掃除。最後の給料と餞別ボールペン。11時半頃終了、チャイナタウンへと飯を食いにゆく。2時半頃帰宅、ベットに飛び込んだ瞬間、なぜか歯に激痛が。尋常でない痛さで眠れず、朝6時まで格闘。半ば発狂気味に気絶。朝も少し痛む。はてな。







PageTop


   interview_takagi.jpg

高木正勝(右)
京都発、青木孝允氏(音楽担当)と高木正勝氏(映像担当)によるエレクトロニカユニットSILICOMとしてそのキャリアをスタート。繊細でいて大胆な音と映像の同期はとても斬新で、聴覚と視覚を同時に刺激。クラブミュージックにとどまらず、現代アートにアプローチ出来るクオリティを持つ彼らは、過去にイスタンブールビエンナーレ(トルコ)、BATOFAR(フランス)などに出演。トータスの前座などもこなす。解散後はソロとして活躍。現在KENZOAIRフリップブック企画参加アーティスト、兼映像作家/ミュージシャン。国内外のレーベルからCD/DVDをリリースすると同時に、アートスペースでのビデオインスタレーションや世界各地でのライブ、UA,sketchshow,polaris,sigurros,YUKI,コーネリアス,坂本龍一,つじあやの等とのコラボレーションなど、分野に限定されない多様な活動を展開中。普段から匂いを想起させる音に興味があるという彼は、フレグランスの匂いから受けたイメージを元に、子供が日常の中で放つ輝きや優雅さを鮮やかな色と動きに置き換えて表現する。世界中を旅した際に撮りためた映像群。欧米の雑誌にも頻繁に特集される彼は若干25歳、幅広い才能を開花させて、表現の可能性を見せてくれる若き日本のクリエイター。彼のホームページで多くのsound・video・photoを体験できます。ユーマストチェック。

s-opuspia.jpg s-jfp.jpg

http://www.takagimasakatsu.com/


AFRA(左)
2004年FUJIXEROXCMで一躍お茶の間の話題になったヒューマンビートボクサー。日本にヒューマンビートボックスを広めたパイオニア的存在。1996年にセントラルパークで見たTHEROOTSのビートボクサーRAHZELのパフォーマンスに衝撃を受け独学でビートボックスを始める。高校卒業後ニューヨークへ単身渡米、映画“SCRATCH”出演や、唯一の日本人として出演したビートボックスドキュメンタリーフィルム“BREATHCONTROL”などを通して日本のコアなファンにも強烈に存在をアピール。2003年日本人初のヒューマンビートボックスアルバムとなる1st“AlwaysFreshRhythmAttack”をリリース。この人、純粋にかっこいい。雑誌relaxでヒューマンビートのレッスンをしていました。







PageTop

1216 friday





今日夜に何人かの来客を迎える為、以前壊れたトイレのドアノブをオニュー(死語)なものに変えていたら、また人が閉じ込められた。どぅーん。3回目。もうね、みんなトラウマ。結局すぐに出られたんだけど、非常に怖い。非常に不愉快だ。だって閉まる意味が全然わからん。今日は基本的ミス多し。ところで、ワールドカップがあり、大晦日のK1があり、箱根駅伝、紅白、隠し芸等、暮れのテレビはやりたい放題である。正月はテレビがある種魔物と化し、人々を離れられなくする。勿論テレビは素晴らしいし、面白いが、それによってなくしてるものも絶対多いな。しかし、日本はこんなにもイベント事が好きだったのだろうか?と思うぐらい、一年中あっちゃこっちゃなんかしらやっちゃるねぇ。でもワールドカップは純粋に楽しみだ。ブラジルに勝てよー。今、お金がほとんどありませんが、最後にニューヨークに行こうと思っています。今まで、何回いっただろうか・・確実に15回はいってるな。日帰りも2回ぐらいしたし、夜中の3時にボストン出て、その日の夕方に帰ってきたり、夜7時頃ボストンでて、着いたのが11時。お店が全部しまってた・・って当たり前だよ!行く前に気付けがぁ!って事もあった。なんか、あんまいい思い出ないぉぇぇ。でも友達に会いに行くのと、バンクシーの路上のグラフィティーを見てくるり。











PageTop

1215 thursday



cast_away_photo.jpg

今学期は全クラスで良い先生に恵まれた気がする。面倒な事もあったけれど終わりよければ全て良しということで、でも本当に授業が楽しかった。昨日3つ目のファイナルが終了。8時過ぎまでかかってなんとか終了したが、先生が僕の名前をユーケスと間違えて呼んでいて、なんで?学期始めはちゃんと言えてたのに、いつからかスとケがテレコになってしまったよ。ユーケスを英語読みするとyou could say のように聞こえて、俺自身名前を呼ばれてるのかたまにわからなくて、 それにつられて、クラスメイトも本物はどっち!と言わんばかりの困惑顔。でも最後のクラスだからユーケスでいいやー。以前からユースキー・ユーサック・等ろくに正しい発音で名前を呼ばれた事はなかったけれど、ユーケスはくるとこまできとるね。

今日も一段と冷え込んでいる。風が強いせいで寒く感じる。そんな中、少し前の映画・トムハンクス「CASTAWAY」を見る。ラストサムライにしてもそうだけど、ハリウッド映画のようにスケールのでかい映画は逆にそのスケール感に縛られているような気がする。なんだろう、フォーマルというか行儀が良くて、進行がスムーズで、終始違和感がなくて、画一的で、フレームからはみ出ないというか、大体基本に忠実にストーリーが進んで行くから、大方憶測がつくなあ、とか余計な事ばっかり考えて。でもそれを逆に楽しめるようになったらハリウッド上級者だなあ、とあまり深く考えずに通俗娯楽を楽しみたい、と思うのであります。でもこの映画はそんなに悪くない。

以前から好きな演劇ユニット・阿佐ヶ谷スパイダーズの“桜飛沫”という講演が世田谷で2月から始まる。主宰の長塚圭史がとても才能のある人で、好きだ。映画ばかり見ているので、実際の演劇を舞台で見たい。生の演技を見たい。

阿佐ヶ谷スパイダーズ
http://asagayaspiders.net/


そして、俺は
生活を質素にしよう。
やりたいことを素直にやろう。










PageTop

1214 wednesday




20051214151642.jpg main33.jpg


スクラップヘブン・メゾンドヒミコ・カメは意外と速く泳ぐ・疾走・空中庭園・東京ゾンビ・爆裂都市・すべては夜から始まる・世界・鷲がクルリと。見たい映画がたくさんある。
日本では今年末から来年にかけて文学作品が陸続と映画化され始めるという兆候にあって、三島由起夫「春の雪」から始まり、江國香織「間宮兄弟」・東野圭吾「変身」・恩田陸「夜のピクニック」・宮部みゆき、角田光代、ヒキタクニオ、重松清等、その数およそ20本強に及ぶ。大抵の場合、原作の小説の方が面白いなぁと感じてしまうのは、本は単に文字の羅列であって、100万人が100万通りの読み方と解釈が出来るのに対して、映画は特定の映像と解釈を提示するカタチで表現する、ので同じ原作でも映画と小説は全くの別物であると思う。また、それで良いと思う。加えて、アジア映画の勢いも軽視できなくなってきている。タイ・中国・韓国・香港・台湾・インドネシアからの良質な作品が多く量産されはじめて、特筆すべきことは、日本との合同作品が多くなってきていること。日中合作の「単騎、千里を走る」では高倉健・寺島しのぶが、香港映画「シルバーフォーク」には岩城滉一が参加したり。とにかく日本・アジア映画が凄く今勢いがあるし、面白い。

メゾン・ド・ヒミコのホームページ。音と写真がとても綺麗。
http://www.himiko-movie.com/

でも、日本は映画、高いね。








PageTop

1213 tuesday




cops.jpg

昨日今日合計で約13時間もダークルーム(暗室)にいた計算になるのに、体感はそんなに長く感じないのが不思議で、きっとそれは暗闇の中の作業ということもてつだって集中しやすいのかもしれない。暗室は落ち着く。

アメリカのテレビは滅茶苦茶だ。急に番組が終了したと思ったら、映像も音もない時間があったりして、CMも長い上に車の宣伝ばかりの気がするし、全体的にナレーションが多くて、テンションが高いので、つけっぱなしにできない。MTVなんかは編集がやっつけで、例えば有名人の豪邸にカメラが潜入レポートするのだけれど、テンポが速過ぎて、目がしょぱしょぱする。ザッツベリーバッド。
そんな中でも、唯一、好きだったのが、COPSという警察官を追ったドキュメント的な深夜番組。とてもリアルで、ある種怖い。無線連絡が入ると直ちに駆けつけ、犯人を容赦なく殴り飛ばす。その一部始終をカメラは見事に捉えているのだが、画面にはマッチョばかりなので、だんだん見てるとどれが犯人だかわからなくなって、もう全員逮捕されちまえ、と毎回思う。実は今のアパートから50歩ぐらいの距離にセントラル警察署がある。ここでもやはり皆マッチョ。皆マッチョなので困ッチョ。

「過去を追うことなかれ、未来を願うことなかれ、過去は捨て去ったもの、未来は未だきていない。ならば、現在することを、おのおのよく心得て、揺るがず、動ぜず、それを正しく実践せよ。ただ今日為すべき事を熱心になせ。」








PageTop

1212 monday



image013.jpgimage020.jpg10851.jpg


slow is beautiful。

日曜日早朝、来客が数名来て、その一人がトイレから出られなくなった。自動的に内側から鍵がかかってしまったらしく、彼は小パニックだ。Oh, shit. What the fuck is that? holy shit!! と汚い言葉を連呼。ドアノブが全く動かなくなってしまって20分が経過。するとエイドリアンがヘアピンを持ち出し鍵穴にさし込んだが、鍵は微動だにせず、30分経過、しょうがなく、最終的に蝶番をハンマーで破壊、ドアごと取り外して彼を救出した。
8時間後、ルームメイトとそのドアノブを直していたら、今度はルームメイトがトイレから出られなくなった。再度自動的に内側から鍵がかかってしまったらしく、彼は小パニックだ。うわぁ、最悪、だるぅーいがぁーと汚い言葉を連呼。早朝よりなぜか固くなっているドアノブ。しかたなく、ドアの真ん中に穴を開けて、その穴からドライバーをルームメイトに手渡し、そのドライバーでドアノブを内側から取り除いて、なんとか事なきを得た。なんだか非生産的な労働をさせられたような疲れだけが二人に残った。

よくマイペースで迅速に物事をこなせないとか、何をするでものろのろして人の何倍も時間がかかってしまっていやだとかいう人がいるけれど、僕はそれはとても良い事だと思う。特にそういう人は女性に多い気がするけど、用は丁寧に、大切に、ゆっくり時間をかけて物事をこなしているということで、特に料理なんかは大雑把さがそのまま味になるところがあるしね。今日、2冊目の本を作っていて、ミリ単位の作業を大雑把にやっている事に気付いてそんな事、思う。また作品もその作業過程が面白いのだという事も、思う。

relaxが早く読みたい。






PageTop

1211 sunday




hokusai_namiura.jpg

今日一日でどれだけの人が華麗にすべっているだろうか。とにかく、すべる。どこもかしこも。道がすべるということは、すべらないように気をつけて歩くわけで、腹筋に余分な力が入るわけで、力んで逆にすべったりするわけで、以前僕は、買った牛乳片手に派手にすべって、牛の乳まみれになったり、買った水片手にそれが自転車の前輪に絡まって噴水のような水しぶきを浴びたり、自転車でポリスマンにチケットをきられそうになったり、といみじくもそういった類いの奇跡を連発してきたのだ。つまり、常に人に醜態をさらし続ける立場になってしまっているので、時たま目の前ですべるのを見たりするのがとても稀で、それが昨日奇しくも僕のすぐ目の前で起こってくれたので、とても満足している。ってなんの話だこれ。

おやじ臭とは加齢臭の異名。細胞が死んでゆく匂いであるということ
日本語で言えない事が英語ではなぜか言えてしまうということ
ジーパンの切れた部分が更に大幅拡大していたこと
雪が降る日は気温が意外と高いこと、
雪が好きだということ、でも3日で飽きているということ。
近所のレジの兄ちゃんが余裕すぎること、
そしてそれによる時間のロスが半端ではないこと、を知った。

葛飾北斎は老境に至るも意気盛んに、自らの精進の目標をこう記している。
「百有十歳にしては一点一格にして生けるがごとくならん」
(百十歳では、どこから見てもまるで生きているかのような
 絵を描けるようになるだろう。)









PageTop

1210 saturday





俳人の山頭火が好きだ。一文に一瞬の感情を超凝縮する才覚。


安か安か寒か寒か雪雪


蜘蛛は網張る私は私を肯定する







PageTop

1209 friday




昨日徹夜出来なかったせいで授業ギリギリまで準備に追われるはめに。久しぶりに朝からイライラ。そしてイライラしていると全てに対してイライラしてきて、角に足ぶつけたり、小銭をジャラジャラ落としたり、しまいにはATMカードを紛失、即座に停止して、再発行。更に昼2時頃から大吹雪。4時授業終了、渋滞で帰宅に1時間強を要した。夜10時3人来訪、3時就寝。小雪、大雪、粉雪。




PageTop

1208 thursday



20051209093849.jpg

8時起床、9-12宿題、1-7学校、8-12宿題、明日一つファイナル。現在夜12時半、ペーパーが未だに終わらん。むずかしいな、ペーパー。写真の本がようやく完成。本を作るのって大変だね。メリッサ先生が3時間手伝ってくれて、でも70歳のメリッサは歳のせいか、すぐに疲れてしまって、しかもなぜか突然前ぶれもなく、oh stupid shit,come on boy,などと驚愕の一言を連発、時たまぎょっとするし、わけがわからん上に、彼女の写真を一度も見た事がない。本当に写真の事知っているのだろうか?謎である。謎だらけであるけれど好きな先生。昨夜1時に自転車のチェーンにiPod用のイヤホンがからまり爆発・炎上・大破・号泣。とても情けなくて、急いで帰った。楳図かずお恐怖劇場を見る。不可解&チープ。まことちゃん、ぐわしっ!!

今日知ったこと。

アメリカでは時給制で働くべきでばないということ。
アメリカ人は日本人を小食だと思っているということ。
日本人は世界で一番視力が悪いということ。
ジーパンの太ももの内側部分が切れていたこと。
おもしろい番組ほど30分番組であるということ。
夜更かしをすると朝起きれないということ。
僕はリンカーンとダーウインと同じ誕生日だったということ。
人を嫌いになる時はそれなりの覚悟が必要であるということ。
そして
無理と無駄のない生活をするのはとても大切だということ。





PageTop



  remoteviewer-heart_MED.jpg

The Remote Viewer
Here i go again on my own (left)
Let your heart draw a line (right)

改めて、音はイロとカタチをもっていることを悠々と教えてくれる音楽家。とても感覚的かつ肉体的音楽で、敏感でいて繊細な音の振動が多彩な表情と季節を体現した珠玉の二枚。遠い異国で奏でられた安心するサウンドに、簡単に集中することができる。それは体温が暖まる音でもあり、景色のない道ばたに佇んでいる音でもあって、最後まで美しいメロデイーが消えない。Hoodというメンバーとしても活躍するremote viewer、ドイツのcity centre officesからのアルバム。パルス音・クリック音のグリッチの上に神々しいメロデイーと無音をごく自然に乗せていくやさしさ。





PageTop

1207 wednesday




世界を変えたいと思うならば、人間を変えなければならない。
人間を変えたいと思うならば、自分が変わらなければならない。
そして皆が、自分を変革したいと思えるように、
世界の変革へと進め。

女性には、無限の愛が与えられている
それは、平和の甘露を渇望しつつも
互いに争う世界に
平和というものを教えるためである。

エスターグレース
マハトマガンジー



PageTop

12 5・6 mon・tue




5日 10-4:30バイト。7-11お別れ会。1時寝。
6日 8時起床、写真、書見、荷物整理、作曲、宿題、
   夜11時友人のライブへゴーゴゴー。

12月7日 お父さん誕生日おめでとうございます。

Poem 80作品目。


PageTop

1204 sunday






今日雪がたくさん降った。朝から雪かき。ずっと外にいて、足の指先が氷のように冷たかった。夜、氷結する道でスリップする自転車、手袋に付着した雪が綺麗な結晶のカタチ。




PageTop

1203 saturday




昨日朝6時寝、9時起、12-4授業、友人と韓国料理の後、ビリヤードに興ずる。睡魔で集中力切れ完敗。夜1時、寝。10時起床、1-5時半学校ラボ、6時半-10時半バイト。賄い、作曲、3時寝。強風、寒し。明日7時起き。12月28日付近に帰る事になりそうです。





PageTop

1202 friday

  雨ニモマケズ
  風ニモマケズ
  雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
  丈夫ナカラダヲモチ
  欲ハナク
  決シテ瞑(イカ)ラズ
  イツモシヅカニワラツテヰル
  一日二玄米四合卜
  味噌卜少シノ野菜ヲタベ
  アラユルコトヲ
  ジプンヲカンヂヤウニ入レズニ
  ヨクミキキシワカリ
  ソシテワスレズ
  野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
  小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
  東二病気ノコドモアレバ
  行ツテ看病シテヤリ
  西ニツカレタ母アレバ
  行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
  南二死ニサウナ人アレバ
  行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ
  北ニケンクワヤソショウガアレバ
  ツマラナイカラヤメロトイヒ
  ヒデリノトキハナミダヲナガシ
  サムサノナツハオロオロアルキ
  ミンナニデクノボートヨバレ
  ホメラレモセズ
  クニモサレズ
 
  サウイフモノニ
  ワタシハナリタイ







PageTop

12・01・thursday






師走に突入。05年もあと一ヶ月。そろそろ、帰国準備の事を考えにゃいかん。ぐうたらしてちゃだめ!絶対。11時起床1-5時授業、本の表紙・背表紙制作。6-7授業、7-8オンライン授業。夜8時まで何も食えずおなかピコピコ。8時過ぎ帰途。久しぶりに学校に来て久しぶりに長く滞在。新キャンパスセンターは無理に豪華で、あっ、授業料あがったのこのせいだ。でやっぱり学校広すぎるぜ。でも暖房きいてないぜ。





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。