numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

wind is blowing




今日は一日中風が吹いていて気持ちが良い日だった。自転車も追い風がてつだってペダルもいつも以上に軽快にまわる。涼しくて風が良い日は気分も軽くなる。だからそう考えると風って大切だ。風があるとないとでは体感温度がぜんぜん違うからだ。こんな季節が夏の間ずっと続いたら外に出るのもいやではなくなるだろうに、梅雨が明けたらきっと照り返すような暑さがまたもどってくるのだろう。

扇子を買う友人に便乗して、新宿で風鈴を買った。今日それを窓際にたらしてみると、今日のこの見事な風にゆれて良い音がする。この部屋は基本的に風が通りにくいから、いざとなったらクーラーの風を使ってでも鳴らしてやろうと思っていたが、北から南へふく、強度のちょうどいい風が風鈴をちょうどいい感じでゆらす。なんでだろうか、ただチリンチリンとなるだけなのに懐かしくなって”ゆったりな感じ”、になる。その風鈴の音にビールと甲子園中継でもあったらそれだけで夏を満喫した気になる……なれそうな気がする。sでもこうなってくると欲がでてきて、もっと良い音のする風鈴が欲しくなる。また東急ハンズへいきたくなる。

もう8月だ。夏休みはこんなにもはやかっただろうか。最近人に会う度にあれっ、もう8月じゃない?なんて話を毎回のようにしている。でもそれもそのはず、考えてもみれば学生の頃は5月から4ヶ月も夏休みがあったわけだし、長い夏休みのない年は今年が始めてなわけで、ほぼ終日室内にいるような生活を送っていればそれは蝉の声も聞きそびれてしまうというのも当然の話だ。

涼しい日には、軽い食事より、少し重いトンカツが食べたくなる。池尻大橋でトンカツを食べたら、これが上手い。なんでも豚に芋を食べさせるとおいしい豚になるらしく、そこのトンカツは芋をたくさん食べた豚を使用していた。でも実は一緒にでてきたあさりのみそ汁の上手さのほうに感動してしまって、なんだか複雑な気持ちになった。

今週は「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」(下)と、
   「東京ゾンビ」という映画、面白かった。











スポンサーサイト

PageTop

eli eli lema sabachthani?






mo3942.jpg

エリ・エリ・レマ・サバクタニ
2006年/日本
浅野忠信 中原昌也
監督 青山真治
とても丁寧な映画であり、音への接し方を劇的に変えてくれます。











PageTop

()

PageTop

short story about walus



717mon3.jpg 717mon2.jpg
717mon6.jpg 717monday.jpg 717mon6.jpg

天井のシミを見つめる。目が乾く、徐々にまぶたが重くなる、たくさんの事が頭の中で生まれては消え、また新しい事がぷかぷか浮かんでいく。そのほとんどは無意味な事ばかりで、朝起きた時にはそのどれもがあとかたもなく体のどこにも残らず蒸発してしまうのだ。ウオラスの部屋は朝も夜も光が入らない。むしろ夜の方が明るいぐらいだ。今夜は特に満月の強い光がウオラスの部屋に漏れて来る。天井のシミを見つめる。喉が乾く、徐々に全身がベットに埋もれていく、空想、明日は何をしようかと思ったり、もうどうでもいいや、今日は疲れた、あいつ腹立つな、一日中心臓が痛かったな、俺は今日一日しっかりと生きれたかな。

今日もそれはウオラスを見ている。薄笑いを浮かべて、時にはもの凄く遠くで、時にはウオラスの横に寝そべって、ウオラスを見つめる。何かは、わからない。どうしてか、わからない。それはある日突然ウオラスの前に姿を現した。光の届かない部屋の隅の闇の中に、ある日それ、を見た。それは、何もいわない、ただ、薄ら笑いを浮かべてウオラスのベットで苦しむ姿を凝視している。姿はわからない、見る時はいつもその姿はぼやけてしまって、もすぐ目の前にいてもその姿をどうしても見る事はできなかった。ただ、わかるのだ。ウオラスが弱くなる度にそいつは笑うのだ。そしてきまって今までみたこともないようなダンスを踊りだすのだった。そいつはいつも陰みたいに存在して、でもウオラスを飲み込んでしまえそうな威圧感と闇の深さを持ちながら、そこから異様なエネルギーを放出している、存在しているというより、生きているといったほうが近いのかもしれない。ある日突然現れたそいつは、その後ウオラスから片時も離れた事はない。ウオラスは消え去れすぐに、と何度も呟きながら睨む。くるひもくるひも鋭い眼光で睨みつけ、迫り来る恐怖を押し殺して、目をそらさずに対峙する。速くなる鼓動のせいで、胸が急激に痛む。右手が痺れる。同時に孤独が押し迫って来る。滲んだ汗が目にしみて、視界がぼやける。なんで俺が?なんで俺だけがこんな苦しい思いを?そんな事を口にしても自分が楽になる訳ではなかった。むしろ惨めな気持ちになった。そして同時にあいつも笑った。ウオラスが苦しむとあいつは逆にわらった。ウオラスが笑顔のときはそれはあらわれなかった、けど次第にウオラスは笑う事が出来なくなって、なぜこうなったのか、という事ばかりを考えるようになった。その苦しみや痛みは苦くしょっぱい味がして全身にこびりつくのだ。その匂いは一日中全身から離れる事はなくていつしかその苦しみ自体が生活の中心になっていった。いつまでも続くような錯覚の恐怖と疑問、矛盾と不安がまざって、気がどこかにいってしまいそうな日もあった。ウオラスは自転車に乗るのが好きだった。自転車に乗っている時は嫌な事、心臓の痛みさえも忘れる事ができた。この風にのってどこまでもいけたらいいなあと思いながら何時間でもどこへでも自転車にのって出かけた。一緒に走る風だけは、どんなに苦しいときでもウオラスの味方でいてくれるような気がした。自転車に乗りながら、頬にあたる風を感じる度に、この風は世界のどんな場所からここにたどり着いたのだろうかと考えて、その風が見てきた風景を頭で思い浮かべながら、自分もその場所で風と一緒に空をまってみるのだった。ウオラスにとってその光景は嘘でもあり本当でもあった。現実でもあり非現実でもあった。君にはわからないかもしれないね。でもそんなことはウオラスにとってはどうでもよかった。自分が楽しんでいる世界がある。全てを忘れる事ができる時間がある。それを持っていることだけでウオラスにとっては幸せであり唯一の美しい時代であった。

目をあけるとそこは見たことのない景色が広がっていて、ウオラスは夢の中なのか現実の中なのか一瞬わからなくなった。でもいつも次の瞬間に夢であることにきがつく。ウオラスはよく夢を見た。ほとんど毎日といっていいほど夢を見て、その夢を覚えていることができた。人は必ず夢をみているのだという、ただ覚えていないだけなのだ。ウオラスの夢も断片的でとってつけたようなストーリーの展開にくわえて、場所もころころ変わった。ウオラスが他の人々と唯一違う点と言えば例えば夜中に一度目が覚めてしまってその夢の途中で起きてしまっても、またその夢の続きをみたいと思ったら続きから見る事ができた。それはもう小学生からの癖で、みな誰もが自然にやっていることだと思っていたのに、同級生の中にはウオラスのように器用に夢を操る少年はいなかった。そして20歳になった今でも夢は毎日見る、そして大人になっても見たい夢の続きを見る事ができた。でも今日の夢はとても不思議で、懐かしくて、でもどこかつめたくて、おそろしくて、その夢からさめたときに、なんだかとてもいやな感覚があった。

見た事のない風景にウオラスは立っていた。遠くの方には小さい山々が見えてふもとの方にはいくつかの田んぼがあった。ぱっとすぐ左をみると流れるプールがあって、そこにはたくさんの子供達が楽しそうに泳いでいる。その中にはウオラスの友達もいたような気が、する。季節は夏の終わりだろうか、少し肌寒い感じだった。でもそれはその場所に太陽が昇らないからだったのかもしれないが、その寒さの中ではしゃぎながら泳ぐ子供達を不思議に思いながら、ウオラスは友達と3人、(2人は知らないオトコの子だったがその場所では友人であった)で自転車に乗ってその遠くの景色を見ていた。なぜか3人とも泥だらけで汗だくだった。とても喉が乾いていて気持ちはそわそわしていた。じきにその友人はなにかを話し始めた。忘れてしまったけれどきっとそれは学校のことだったり誰かの悪口をいっていた気がする。どれくらいそこにいただろうか、ふっとまた遠くの景色に目をやった時、小さくそびえ立つ2つの山が煌煌と燃えあがっているのが見えた。火は見る見る内に燃え広がって空は黒い煙に覆われて黒と赤が混ざりあった地獄のような色になった。すぐ傍の畑も煙で全くみえなくなって、その炎はあっというまに高くなって雲まで届いてしまいそうな勢いだ。プールで泳ぐ子供達はびっくりして泣きながら逃げまとい、まわりにいた大人達も急に叫びだし一目散に逃げていく、それはびっくりするぐらいの慌てようでウオラス達は逆にあっけにとられてしまった。3人はなぜか落ち着いていた。まるでその街が燃えてしまうのをわかっていたかのように、冷静にしかししっかりとその光景を見ていた。人々の悲鳴と動揺の中で3人は東の方向から見える大きな炎から目をそらさなかった。そして一人がいくか、といった。何も言わず二人頷いた。不思議と恐くはなかった。ただ、ここにいてはだめだという本能とでもいえるような感情が湧いてきて他の二人も同じ気持ちでこの炎を見ているのだとわかると、とても嬉しくてかけだしたくなった。みな汗だらけで泥だらけだった。とても疲れていて、のどもカラカラだった。けれど3人は何も気にせず東の方向に自転車を走らせた。力つきるまで自転車を走らせた。

夢の中で現れたその不思議な場所にはたくさんの物があってたくさんの人がいた。その夢の中ではずっと夜だったのを覚えている。おそらくその場所で長い時間を過ごしていたはずなのに朝はずっとやってこなかった。年は少し今より若い、17歳ぐらいであったような気がする。まだこころが軽く飛び回っていた頃の、なつかしいような、さみしいようなカラダだった。

屋上からみえる西側の景色の中には緑はまったくなくて、とても冷たい、暗い景色が広がっている。からだを180度回転させて東の方向に目をむけると、太陽が真っ赤に光って今にも地平線に消えようとしているのが見えた。ほほをつたう風はぬるくて少し湿っていて、それが音もなく流れている下の方で、トラックやクラクションの音がとても遠くて、薄紫色にそまった夕方のひろい空に少しだけ響いていた。ビルとビルの隙間から豆粒ぐらいの大きさの人達が列をつくって町の中をいったりきたりするのがみえる。ビルや人の混ざった景色をこの屋上から見上げると、いつもきまってふしぎな気持ちになる。それはこの町の景色がとても綺麗だからなのか、それとも空や雲がとても鮮やかだからなのか……どちらでもないような気がするし、どちらでもいいような気もする。でもよくわからないふわふわしたような気持ちが妙に気分を落ち着かせた。きまった時間に屋上にのぼって、きまった方向のこの遠い景色を眺めることが日課になった。ここは同じ目線の中に誰もいない場所、であり自分もまた大きなものの中にいる一つの“景色”であることを確認できる場所でもあった。その場所にいると、いろんなあらゆることに対してとても素直な気持ちになって、いろんなことを許せる一つの“景色”になることができて、いつか誰かとこの景色を見たい、と思った。

大した事ではない。その踏み出した足はそれでもただの一歩だから。どこへいくのでもない。なにがあるわけでもない。ただ、俺とお前がいるだけ。そこにまつわるあらゆる出来事が、まるで世界が現実であるように、錯覚させるのだ。かきつらねた全ての空白は俺自身。ただやみくもに歩くだけで、何も手に入れようとはしていないではないか。そんな日々の中に、俺とお前がいるだけ。お前は陰、お前は闇。俺はお前を大嫌いだが、お前がいないと生きてゆけない。

真実は恐ろしいもの。
さらけだされたもの。
いまだみたことのないもの。














PageTop

air in da house




DSC00949.jpg DSC00381.jpg

やっぱり、いつでも時がたつのははやい。みんな感じることだろうけど歳をとるにつれてどんどんはやくなってるような気がする。つい最近、日本に帰ってきて、つい最近一人暮らしを始めて、働き始めて、この前4月だったのにもう7月も中旬だ。まあ、その間色々あったのだろうが色々ありすぎてよくおもいだせない。

最近は茹だるような(油断してたらいつでも気絶できるほどの)暑さがたまらない。この暑さは温暖化現象の兆候なのだろうか。この暑さと湿度の中をスーツでアスファルトとビルしかない街に囲まれて歩くのは、ちょっとした拷問である。でもまあ、そんなことをいっても慣れるしかないので、極力「あつい」とか「だるい」とか言わないようにしたほうが得な気がしています。実際には北極の氷はどんどん溶けていて、地球上の水面も少しづつ上昇しているのだから、なんらかの影響はじょじょにでもでてくるんだろう。

将棋士羽生善治がある番組の中で、「20年間毎日1時間でもひとつの好きな事をできたら、それだけでその人はすごい才能をもってる」といっていたのを見て、うん、そうだなぁと思う。単純なことだけれど、どんなにくだらないこととか、これ絶対役に立たないねとか思っていてもそれを20年続けたらそれは確かにすごいことになりそうだ。同じ日に葉加瀬太郎は「この一度しかない人生をどれだけ楽しむか、ということを一生をかけて真剣に考えなければいけない」といっていて、これも羽生善治の言葉に相通ずる含蓄の深い言葉です。名言はいろんなことが凝縮されていて、イイネ。

どうやって手に入れたのか定かではない曲がマイパソコンの中に入っていて、初めて聞いてみたらこれがとても良い。で、その日にとても有名人であることを知ってあっ、やっぱりねなんて思ったりして得意気にさせてくれた、趙 静(zhao jing)という中国のチェロ奏者。この人とてもいいのでチェロが好きな人は一度聞いてください。チェロの独奏なんだけれど、一人で弾いているのに三人ぐらいで弾いているように聞こえます。めちゃくちゃウマくて、カンジョウ的。

フランス電子音楽のバンド「AIR(エール)」のホームページのPLAYというカテゴリー
に音を使ったゲームが10個ぐらいあって、それがとても面白いので、時間がある人は(ヘッドフォンで聞きながら)見てみてください(下URL)。とてもシンプルだけど少しだけ幸福になれそうななれなさそうな。

http://www.intairnet.org/





















朝の5時なのでネマス。

PageTop

the flowing behind us


DSC02489.jpg DSC02484.jpg
DSC02497.jpg DSC02501.jpg DSC02493.jpg

そうか、なんだかそわそわしたような気持ちになる空は、前にどこかでみたことがあるのかもしれない。その色もカタチもその時の空とまったく同じなのに、とても遠い時間のように感じるのだ。そういった色彩は、本当は夕方が一番すごくて、この色がどこからともなく自然からうまれていると思うと、ときより恐ろしさににた感覚をおぼえる。

かなりの時間がたった場所にいってみると、自分だけが年をとっていって、まわりは全然かわってないみたいだ。それはどこかに置き去りにしておいた過去を今、手に取ってさわっているようだった。目に映る色はどれも鮮やかで、なつかしくて、絶対的にそこにあるものだけれど、なんだか曖昧でもあった。ひとつの遠い言葉がいつまでも残っている。それはいつまでも消えることなくこの場所と離れずにいる。そしてひとつの遠い言葉は深いところでみんなと繋がっていて、決して表にあらわれることはない。

明らかに大きな渦みたいな流れの中に僕達はいて、それは時折たしかなカタチをもって、とてもはやいスピードでサーッと通り抜ける。なんのことなのかわからないまま、みんなは何かを感じている。明らかに大きな渦みたいな流れの中に僕達はいる。








PageTop

岡本太郎記念館


20060702172723.jpg taro6.jpg

ドイツVSアルゼンチンの試合は、ドイツで視聴率90%という数字をたたきだしたという。ボールをひとつの四角い箱にいれるというスポーツに、人類はこんなにも熱狂できるのだから、人間は基本的には情熱的だ。ただ、いつもやりすぎてしまうみたいで、昨日は53人が大暴れで逮捕された。

イングランドのサッカーが好きだ。いつだっただろうか、W杯が始まる前、ニュースでイングランドの試合を見た時にえらくしびれたのをおぼえてる。なんというか、クールでスマートだ。中田が以前テレビで語っていた「簡単な事を簡単にやる」ということができてる。この簡単な事を簡単にできている時のプレーはどの国のチームであってもそれはとても綺麗で、はやい。俗に言われる芸術的ゴールだ。その時のイングランドの試合を見て、なんだかW杯で優勝できそうだ・・と思った。

実は、30人で賭けをしている。2006年ワールドカップドイツ大会の優勝チームはどこなのか。上記のとおり、僕はイングランドに賭けた。120%素人の感で、というかあの時見たニュースの映像のみで。そして大会が始まって、イングランドは(順当に?)決勝リーグに勝ち上がって、強豪ポルトガルとの対決と相成った。真剣で攻撃的なすごい試合だった。18歳で20億もの移籍金を動かすポルトガル代表クリスティアーノロナウドに、今年33歳になるチームの中心者フィーゴを擁するポルトガルに対して、ベッカム・クラウチ・ルーニー・ジェラード等を率いるタレントチームイングランドの対決は組織力とディフェンス勝負の試合だった。ルーニーの一発退場とベッカムの交代があったにも関わらず、イングランドはよくPK戦まで引き延ばした。結果的にPK戦はポルトガルの圧勝に終わったが、最後までベッカムのオトコ泣きが忘れられなかった。

ドイツ戦にしろイングランド戦にしろ、こんな本気で真剣なサッカーは絶対にワールドカップでしか見ることができない。その熱だけが、魅力的だった。しかしイングランドは、負けてしまった。そしてブラジルも、負けてしまった。残ったのはドイツ・イタリア・フランス・ポルトガル。準決勝(7月4日)は決勝よりも面白くなる。

ちょっと前、表参道駅から徒歩8分のところにある岡本太郎記念館を訪れた。2年前に岡本太郎の著作「自分の中に毒を持て」を読んだ時に身震いがした。本のあとに作品を見たのだけれど、彼の生涯と動揺にその文章はどこまでも情熱的で生々しかった。あまりにも感動してしまって、誰かと共有したくて、とある名古屋の友達にその本をあげてしまったので今は見返すことはできないけれど、今でもよくおもいだすのは、「自分の目の前に二つの選択肢があった時に、私はいつも困難なほうの道を選ぶ」という太郎の台詞の部分だ。あえて、自分を危険な方向にもっていくことで、”ゴリゴリ”生きていけるという。生の実感と死の恐怖の狭間で生きてこそ、生命が躍動して“ゴリゴリ”いきていける、と。そんな発想すらなくて、当時は大変にびっくりしたが、更に驚いたのは、その言葉を太郎は太郎の一生で見事に体現してみせたということだった。

岡本太郎記念館にはその彼の作品がたくさんおいてある。当時のアトリエもある(写真中央)。全ての先入観を取り払って、パッと彼の作品の前にたった時、感じるのは熱とチカラ、生命力、自由、孤独、全身全霊、無防備、無条件、そして、爆発。ただ、それはとても遠いところにある彼の感覚。3年後の太郎への感覚はきっともっと違うものになっているはずだし、もっと近くで感じられるようになっているべきだ。2004年に海外で発見された岡本太郎の「明日の神話」という壁画が修復され、近々に発表される。










PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。