numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop



Goodbye, Dragon Inn
不散/さらば、龍門客桟

2003年 台湾
監督 Tsai Ming-liang
出演 Lee Kang-sheng, Tien Miao,Kiyonobu Mitamura

蔡明亮が見る台湾はいつも雨が降って、街はじめじめして灰色で暗くて人々はその憂鬱と倦怠に包まれて、そして彼らは常に”ひとり”としてあらわれる。廃館を目前にした映画館で最後の日を過ごす従業員と数人の客達の奇妙な出会いと会話。映画の中の映画館で上映されているキン・フーの「龍門客棧」を通して接触する観客達、でもその全ての会話は必ず”ひとり”と”ひとり”のやりとりの中で、”孤独”と”孤独”の会話を作る。

小さな映画館の廃館という出来事の中に人と空間との距離、人と人との距離を厳しく埋め込んでいる。やさしく真実を見つめる映像でワンカットがとても長い(約3分)上に、BGMも台詞も極端に少なくてその分本当に映画館で働いてるように気分になって、とても不思議で透明な映画です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。