numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

kawanishi2.jpgkawanishi4.jpgkawanishi_e.jpgkawanishi3.jpg

kawanishi_b.jpgkawanishi_c.jpgkawanishi_d.jpgKICX0607.jpg

カワニシ タカヒ

「目を閉じて聞いたセミの声、電車に乗って見た人と人の隙間。すべての体験を絵に変換するということですね。学生の時は意識的にやっていましたが、いまは自然なこと、生活の一部です。具体的に描いてる時は、まずふと思い浮かんだ文字を書いている自分。それを汚す自分。色を使う自分。全部をクシャクシャにしてしまう自分。いろんな人格が二重三重に存在するという感覚です。でも絵を描き続ければラインも良くなってくるし、描きたい明確なモチーフも出てくるし、色もうまく使えて技術的なところは上がっていく。言葉にはできない感覚を、どうやって絵にするか。端的に言えば“そこ”だけが大切なのかもしれません」。

画家。'75年愛知県生まれ。「絵は色のつくものと面さえあれば成り立つ」を座右の銘として、『relax』の復刊広告、アーヴィン・ウェルシュ著『SMART CUNT』装画などをてがける。グループ展多数。'03年に白金台スペース・トライにて個展「カワニシタカヒ」を開催。作品に対しての批評は本当はいらない。そこから放たれているエネルギーを素直に感じればそれが作品に触れたということだ。理屈も知識も常識も経験も才能もいらない。作品の善し悪しは自分自身で決める事だ。その作品をみて何を感じたかを意識的に感じる事。アナログな質感をベースに、カリグラフィー、コラージュ、油絵の具と、多彩な素材を使用している。とても直感的な絵だと思う。頭に瞬間的に浮かんだ言葉の群れとフラッシュバック的な抽象的イメージが羅列されて、荒々しい、痛々しい、力強い。そしてその生々しさとアナログ感が、好きだ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。