numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

合宿免許





詳細克明に書いた合宿所での日記が削除されちまいましたので二度目。



富士山の裾野に広がる歴史あるこの桂自動車教習所は日本で始めて合宿免許を始めた教習所だそうで、年季の入った教官や地元のボランテイアらしき人々が多く働く、地元では活気の溢れる場所である。山梨県に到着したその日は早朝ー14度を記録、僕がいた2週間は断続的に雪と雨が降り続いて、気温も笑えないような体感温度であった。一部屋を3人で共同使用することになり、僕のルームメイトになったのは21歳の埼玉出身調理師のニヒル&クールな男の子とビートたけしのような出で立ちでワンカップ大関を飲み、煙草をふかす50代のおじさんだった。人見知りを存分に発揮した3人の会話は当初かなりぎこちなく、声も小さく、警戒しあっていたが、その日の食事を共にし、お酒を飲んだことによって距離が少しちじまった上に、おじさんがかなりの遊び人だと(そんな風貌ではないが・・)いう事が発覚。その変なおじさんと人生について語るも最終的に話の展開はいつもなぜか好きな女優だの、彼女いるの?などと陳腐な方向へ向かい、しめとしていつも僕らに「若いうちは遊んどきナ」を連発。しつこいぐらいに何度も連発。ある意味物凄いバイタリテイーの持ち主である。無論、いびきも豪快であった。

目の前にある富士山をゆっくり眺める時間もないほど、予想外に詰め込まれたスケジュールに戸惑いながらも日々を地味に淡々と過ごしていた。門限10時。消灯11時。冷えたご飯。せんべい布団。地元のヤンキー。コンビニまで徒歩30分、往復1時間という三拍子も四拍子も揃った夢のようなユートピアでの生活。周りの合宿生といえば、ほぼ高校生で僕はかなり年上であったので、初めは中々そのテンションについてゆくことができなかったが、数日経った頃から隣に住んでいた静岡県の高校生達がよく僕らの部屋に遊びに来るようになった。一人はボクサーになる為に4月から東京に出てくるというので、ボクサーの友達欲しい、と思い強引に仲良くなり東京で再開することを約束した。背は高いけれど、とても優しい子で、すこし天然でマイペースなので、世界チャンプになれるのかなあと思ったが、きっとこの子、才能ある。でも運転はだめみたい。

ルームメイトのおじさんは大型特殊免許を4日で取得。相当早く帰りたかったのか合格すると僕らにコーヒーを手渡し、「ありがとね。君達のお陰で合格できた。本当にありがとね。じゃね。」と言い放ってそそくさと部屋をあとにした。うーん、俺達なんにもしてねーよ、といいたかったが、そうか、たくさん話を聞いたからな、そういう意味ではしんどかったなあと残された二人で話をしながら、小さい猫背の背中を見送った。

教官の数は約40名。毎回違う教官と乗車することになっている。それはそれでいいのだけれど、みんな訛りがひどくて、何をいっているのかわからない教官が多い。たまに寝てたりするし、それと前の教官に教わったことをやると次の教官の時に怒られたりするので、もうなんだよ!どうしてほしい?!とストレスは一方通行。ハザードつけっぱなし。で、みんなに話したら、予想以上にその教官の話に共感してくれて多少やわらぐ。

7日目ぐらいに仮免許を取得。その日から路上での運転が始まったのであるが、その日はあいにくの大雨でサイドミラーもなにもかも見えん。これは危険。おじいちゃんでもはねてしまったらこれは大変なことだ。物凄い緊張感の中、手汗びっちょりで2時間も走行。だめだよ、教習生をこんな大雨で走らせちゃ。学科も5時間連続という拷問に近いスケジュールを入れられ、とてもつまらないビデオを見たりする。11日目に応急救護の講習を受けた。上半身のみの人体模型を使い、人工呼吸・心臓マッサージの練習などを実際の事故を想定して練習するのだけれど、これが意外にはずかしくて、「意識確認、もしもしー、大丈夫ですか!?すいませーん、119番お願いします!!。意識なし、人工呼吸」と言った後に「気道確保、循環のサインの確認、循環のサインなし、心臓マッサージ」等々はっきり力強く言わなくてはならなくて、目を泳がせながらなんとかその任務をこなした。となりの高校生が人工呼吸の際、息を吹き込むのを何を勘違いしたのか間違って吸い込んでしまい、「ッシュゴッ!!」というこの世の音ではないような怪音を放ち、あやうく吹き出してしまうところだった。この子、絶対ちょっとおかしいと思いながら横目で彼の応急処置を見ていると、心臓マッサージをしているのだが、そのマッサージが強すぎて、模型がばんばん床に叩きつけられている。だめだめだめだめ、それ逆に死んじゃう、と思いながらこれ以上見たらもう耐えられなくて爆笑してしまいそうなので、僕も目の前の模型に思いっきり人口呼吸をしてみた。

ここにきて一番の衝撃だったのは地元のヤンキー高校生達の振る舞いだった。部屋にいるとたまに、動物園の檻の中から聞こえるような雄叫びに似た奇声が聞こえてくるのだ。リーゼントにソリが入り、股関節を痛めそうなぐらいがに股で歩き、どこで売っているのか知りたくなるようなサンダルを履き、ほぼ全員セブンスターを吸っている。漫画から飛び出してきたとしか思えない。そのはっちゃけぶりは尋常ではなく、他人に対しては落ち着いて接しているのだけれど仲間同士の会話をふと耳にすると、多くの”死語”を使っているではないかぁ。放送禁止用語なので言及はできないが、これはある意味強力逆カルチャーショックであったのだ。そんな彼らは勿論風呂でもスピード違反である。彼らに法定速度などという概念はない。「ウッキョー、パラリラパラリラ」という造語を発しながら風呂に飛び込んでくる(実話)。ここの教習所唯一のとりえは小さな露天風呂があることで、こじんまりとしていて多くの人数は入れないものの洒落た感じの外装になっている。しかし、如何せん外の温度が急激に冷えると、お湯と蒸気が凍ってしまい、地面がツルツルになる。ツルツルになるということは、もうヤンキーもみんなもどんどんすべっちゃう。パーテイーみたいにポンポンすべっちゃう。僕は高校生達が豪快に転ぶのをどうにかして目撃したくて、体を洗いながらもこけるポイントだけはいつも横目で抑えていた。あっ、案の定ヤンキーの猛者達がやってきた。どうだろう、今日ぐらいはいくかあ?いっちゃうかあ?と思った瞬間、初めの一人が車輪のように転倒。危うく一回転してしまう勢いで転んでくれた。オッケーと思ったらそれを見て大爆笑していた友達のヤンキーも相次いで転倒。本当は指を指して大爆笑したかったが、こらえて、夜寝る前に思い出し笑い。

13日目、最短で卒業検定に合格。快適ではなかったにせよ、いざ離れるとなるとこんなところでも愛着というのはわくもので、ルームメイトとボクサー達に別れを告げて、山梨県を後にした。












18日

今更ながら自動車免許をアメリカで取っておけばよかったなあと今思ってしまっている。でもまあいいのさ、どうせなら雄大な富士山の麓で免許を取ろうという身勝手なテーマをたずさえ、合宿免許を予約。自分が後に高速道路を走る事など今の段階では考えられないけれどもいつかはとらなきゃいけないものだから、と言い聞かせる。多少、ビビッている。



19日

テレビというものはその中の全てが勝手に進んでくれるので脳を使わないですむ。なので、一日中テレビに支配された日はいみじくも眠くならない。



20日

海老名にて。今月とりためた6曲を軽く編集してデモアルバムを完成。でもぜんぜんだめだ、やっぱりもっとじっくりきっちりがっちりしっかりやらないとだめだ。夜から雪。ものすごく寒い。絶対壁のどこか穴空いてる。ワタシ、カゼヒキソウ。



21日

録音。スタジオ模様替え。艶のある雪。氷結。バイキング。富士山のDVDを大型プロジェクターで鑑賞、感激。角田光代の「東京ゲストハウス」を読み終える。焦って読んだせいか、あまり面白くなかった。読みたくなったらもう一度読もう。そして即座に吉本ばななの「ハゴロモ」を読み始める。とても面白い・・けれどなぜこんな女性作家ばかり読んでいるのだろう。なぜなら大江健三郎が読みたいのに、古本屋でも紀伊国屋でも中々見つからないから。そうか、ネットで購入という手もある。しかし未だにネットショッピングに抵抗があったりなんかして。



22日
町田のスタジオで朝9時半から練習。4時間。帰宅後、セッションを聞く、良い。生ドラムの音にやられる。夜実家へ帰宅。奇跡的にイブニングライナーに間に合い飛び乗る。寝る。乗る。着く。食う。そして寝る。













スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

町田ってあの町田? 小田急線もJRも通ってるあの町田??
もしそうだったらナホ、町田っ子だよ~ 中・高が町田から1駅の学校でね、いつも町田で遊んでたんだ。 Machida Play Houseってハコによく入り浸ってたヨ。

今更、「卒業単位足りてましぇーん、アナタ!」って大学に言われて、ペイパーワークに追われる毎日デス・・・!あたしったら。
だからまだ分からないんだよー、びっくりでしょう??

ナホ、一応免許あるけど、かなりへっぽこだから日本の実技試験には受からない気がする、ってメッセージ残し過ぎ?? テヘ、

naho | URL | 2006-01-27(Fri)10:55 [編集]


続けてコメントしちゃっております・・・。
もしかして?って思ってミクシーで探してみたらもしかしていたので、繋いでーメールしときました。
良かったらお友達からで・・・☆

naho | URL | 2006-01-27(Fri)11:13 [編集]


どうも モスラ らっきょ井手 でめきん ん~、お久しブリ。お元気ですか? なかなか、音楽ですな。

むね | URL | 2006-02-02(Thu)13:18 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。