numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

NHK special

NHKスペシャル「気候大異変 環境崩壊の危機」という番組を見た人はいるでしょうか?近年地球温暖化への対策が懸念されるようになって久しいのに、僕を含めて人々はまだまだ遠い先の話のように感じてしまうのがほとんどでしょう。NHKスペシャルはいつもよくできた番組だなあと思っていて、以前に放送されていた「映像の世紀」という番組(全10回程度で放送されていた20世紀の戦争の歴史を映像で振り返るという内容)もまた、大変に面白く、反響を呼んでビデオ化もされたようです。

今回はまだ遠い話のような温暖化に焦点を当ててCGを駆使しながらの分かりやすいフローになっていました。2070年までに北極の氷は全て消滅してしまうし、温暖化により海面の水位が上昇し、インドネシア等の島国に暮らす人々は自国の土地を追われ、いわゆる‘環境難民’になります。その数およそ全世界で1億人に上ると予測されているのです。実際に現時点で水位上昇により沈み始めている島国がたくさんあるという事実はあまり知られていないようで、アラスカ地方のイヌピアックという少数民族の集落はその地下にある永久凍土が削り取られて、2010年には全て海になってしまいます。日本においては、例えば現在青森県などで盛んなりんごの栽培は50年後には北海道で盛んになります。全国の米の生産量は50年後20%強減少します。これは高温多湿の気候下では稲が十分に育たない為です。近畿地方では稲刈りの時期が大幅に遅れてしまうという問題もあります。その他台湾からの感染病、異常気象など危惧される災害は数えられないほど紹介されています。

ではEUはこの問題にどう対処しているのか。インドなどの発展途上国はまず先進国が率先して削減を始めるべきだと主張しています。先進国にとって京都議定書にサインを承諾することは酷だといっているのですが、一番の問題は世界一の排出量を誇るアメリカが断じて50%削減の提案に反対しているという点です。考えてみれば、アメリカはダイナミックというか浪費家というか、冬でも屋内は真夏のような暑さです。最近日本も暖房かけすぎだと思う事も多々ありますが、それでもアメリカ全土で削減の動きが本格的に始まったならばこれは大きな削減になるのです。

国レベル、地球レベルとしてのエネルギー削減は勿論死活問題ですが、同時に個人レベルでの省エネ、節約も同等に必要不可欠な事です。現在の人口がおよそ65億人。その一人一人が心がけたらこれもまた大規模な削減運動になりうるのです。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんちは

http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/に記事が紹介されていたので、見にきました~。ブログっておもしろいですね~。

ハニヘイ | URL | 2006-02-20(Mon)16:25 [編集]


しゅうへい行けなかったんだイベント
かなり感想聞きたかった。

次イベントある時は僕も足を運びたいです。

NHKスペシャル俺も見た。
ゆうすけの記憶力のよさにある意味感動。

今日、筑紫さんの番組でやってたNYのギャングのドキュメンタリー見た?

大多数の人がよければ貧困層は知りませーん的な政策が良くないと学者が言っておりました。
アメリカがよければ太平洋の小さな島は沈んでもいっかみたいな。。。

アメリカ自由の国でいい国だと思うけど、自由主義に走りすぎると危ないなと思った。

ゆうすけが昔言ってた中庸の考え方は大切だと思った。

てい | URL | 2006-02-21(Tue)02:19 [編集]


今回のNHKスペシャルはシリーズものらしいのでまだまだ続くみたいよ。NYギャングのドキュメント見たよ。奇遇ですな。あの、結構衝撃だったよね?警備員の仕事を始めて更生しようとする子がいて、最後参考書を見ながら勉強してる姿がたまらんかった。4年前に俺達が絡まれた二人もきっとボストンのギャングだったね。まちがいない。

yusuke | URL | 2006-02-22(Wed)16:48 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。