numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop


 4-7577-0029-6.jpg

「ホムンクルス」 山本英夫
「恋の門」    羽生生純
 
近頃どうしてだか、漫画を読むことが多い。小説の反動だろうか、漫画はスラスラ読めてしまうので、ついつい読んでしまうのだけれども、久しく読んでいなかったからだろうか、非常に興味深い作品が多い。この独自に発展している漫画という文化は、この日本という国の「アングラの部分を特に如実に表すことができる」という点で重要であるし、また赤裸裸でもある。だから内田春菊・吉田戦車等日本人特有の陰気な匂いのする漫画が特に好きだ。

「恋の門」は松尾スズキ氏で映画化になっている。映画が原作を超えるのはやはり相当至難の技のようで、最近では日本の漫画を原作に韓国のパク・チャヌク氏が撮った「オールドボーイ」は、原作を抜いているんじゃないかと思う。「恋の門」、この漫画に関しては至極説明しにくいが、劇画タッチの絵が恋乃と門の悶々とした日々、そして恋愛を見事に表現していて、段々本気で同情してしまうのだ。微妙な間とかが、上手い。そう、この漫画らしくない微妙な間の取り方が、もうすでに映画的なテンポだから、やっぱりこれを映画にしてしまうと、なんだか味気なくなってしまうんだな。

「殺し屋1」の原作者でもある山本英夫の著作「ホムンクルス」は、頭蓋骨に穴を開ければ第六感が芽生えるという「トレパネーション」という手術を施されたホームレス・名越が体験するその開かれた不可思議な世界を描きながら、主人公の非現実的な体験を通して、人間の無意識な部分に奥深く迫って行くストーリー。そのリアルな感覚は恐怖よりもむしろ人間の無意識の領域の存在に負けてしまいそうになる。「ホムンクルス」とは、端的に言うと、人々の心の深層に沈んだ歪みが生み出すいろいろな化け物、主人公はその手術を受けた事によって、他人のホムンクルスが見えるようになってしまう。かなり、衝撃的な描写の連続でタフな内容だが、今まで読んだ事のない新しさを、もの凄く感じる。

「実は、人間は身体から無意識に莫大な情報を垂れ流し、無意識に莫大な情報を受け取っている。五感を使って無意識レベルの見えないところで、情報交換を無意識に行っている。」
この台詞はかなり強烈であったが、これは所謂、雰囲気のようなものだろう。または、違和感、ぎこちなさ。だから、きっとうわべだけのきれいな言葉や引きつった笑顔は身体から無意識に流れて、相手に伝わっている情報とは違うものであるから、そこに何かしらの違和感が生まれる、というのは往々にして真実なのかもしれない。







スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。