numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

space-earth-japan-tokyo



早朝から満員電車に揺られて、会社につく。一日中研修して、夜に自宅に帰り、飯を食い、風呂に入り、あれやこれやしてねる。そんな単調な日々だけれど、なんだか規則正しくて、良い。疲れは疲れであってないような、仕事でも外でも新しい人に会いまくっているので、人に対しての人見知りがどんどんなくなって行くような気がする。これは良い事なのか悪い事なのか。土曜日に知り合いの個展を見に青山へ。美しいもの。美しい油絵。エネルギーを与えてくれる。その時に、美しいものの話しを少しして、美しいものに触れたり見たりすることの大切さを聞いて、部屋にある植物もまた美しいものとしてそこにあるので、朝起きてすぐ、見るようにしている。

とはいっても、ここはやはり大都会ネオ東京。ビル間に人。信号待ちで人。細道にも人。スターバックスに人。どこもかしこも人ばかり。中々、美しいものは見る事ができないみたいで。ここは空がとても小さいので、むしろこんな環境の中なので、宇宙の事を考えると、気持ちがそれだけでとても広くなる。例えば、一秒間で地球を七週半もする光でも太陽までは8分もかかる。それでも太陽系なんて宇宙の中ではほんの庭先にすぎない。昔、本で読んだらしい。宇宙郵便局かなんかがもしもあって、宇宙のどこからから日本に手紙を送るとしたら日本は・・「おとめ座超銀河団局所銀河群天の川銀河太陽系地球日本」という住所になる。地球は宇宙の中では、小さな小さな村ですらなかったり、する。





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そして私たちは、その村で生きているけれど、人が「ヒト科の動物」であるという事実はなぜか忘れられがちで、ほかの動物と自分たちは到底違う生き物だと思っている人が、多い。

mariko | URL | 2006-04-11(Tue)10:45 [編集]


人間は複雑なようで単純、単純なようで複雑であり、なんとも得体の知れない動物です。時たま不機嫌な時、トルストイの「不機嫌は、怠惰の一種である」という言葉を思い出します。自分の悪い癖も自分の個性であるからこのままありのままでいいのだ、と思いこんでしまう気持ちを払拭してくれるトルストイ。

yusuke | URL | 2006-04-16(Sun)01:23 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。