numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

howfarisittoherspotlight0516



20060506195606.jpg DSC024201.jpg DSC024231.jpg
DSC024271.jpg DSC024311.jpg


3月に作った曲、「how far is it to her」の為の映像をアメリカにいる友人M氏に依頼していて、それが先日、日本に届きました。スローで単調な楽曲に合わせるような色彩のフローで始まり、光があるものを破壊してゆくようなイメージへと流れてゆく映像で、僕自身が想像していたものとは違う、僕自身が持つ曲へのイメージとは違う、もの。それは新鮮であり、大変な驚きであったのだけれども、彼のシンメトリー(左右相称)を用いた表現方法に深く共感をするのです。乱雑なものが、対称になると、寒気のするような美しさを生む事がある、と昔から思っていて、それを見事に今回の6分の映像の中で具現化しているのではないかと思います。今回の作品「how far is it to her」以外に、彼が監督をした自主制作映画「Spotlight0516」(二段目右二)もあるので、興味のある方は是非ご連絡を。









スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はい、興味あります。

ナホも妙にシンメトリなモノってスキ。
フォトのクラスでは、バランスを崩すのが必要なんだ!!とか、言われたりもしたけど。

後、近寄り過ぎちゃって、何のテキスチャーか分からなくなって、イメージ全体にスケールも何も分からないテキスチャーだらけのモノもスキ。
もういいや、分からないでいいんだ、って妙な安堵感に包まれる。

naho | URL | 2006-05-07(Sun)21:01 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。