numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

live at shimoktiazawa





10月28日に下北沢でKUALA MUTE GEEK が開催されます。
僕は絵で少しだけ参加します。以下、イベント情報(抜粋)です。

今回はGreg DavisのAutumn Recordsレーベルより、フィールドレコーディングの2枚のCDをリリースしているkorii [Corey Fuller](コリー・フラー)とアントナン・ゴルチェによるサウンドプロジェクトDigiki(ディジキ)、moom 瑠(ムームル)をゲストに迎えます。詳しくは以下のインフォをご覧ください。

=============

Kuala Mute Geek Vol.8


■ 日 時: 2006.10.28(土)開場:19:00  開演:19:15 
■ 出 演: Corey Fuller / opitope / moom瑠 /Digiki
■ 料 金: 当日¥2,000
■ 会 場: 下北沢 アレイホール
http://homepage2.nifty.com/alleyhall/frame.html
■ MORE INFO : http://www.chihei.org/
■ 企画・制作:KUALAUK TABLE


opitopeが主催するミュージシャン同士の交流の場を広げるイベントKuala Mute Geek。今回は、Greg DavisのAutumn Recordsレーベルより、フィールドレコーディングの2枚のCDをリリースしているkorii [Corey Fuller](コリー・フラー)とHATTRICK RECORDSよりデビューアルバムをリリースしたアントナン・ゴルチェによるサウンドプロジェクトDigiki(ディジキ)、竹村延和のレーベルchildiscのコンピレーションに参加し、CLAYよりファーストアル
バムをリリースしたmoom 瑠(ムームル)の3組のアーティストを迎えることになりました。

ワシントン州べリングハム在住のコリー・フラーは、ミュージシャン、オーガナイザー、映画家として活動中でギター、ピアノ、ローズピアノ、グロッケンシュピル、アコーディオン、フィールドレコーディングを含めた様々な生楽器/生音を素材にmax/mspと言ったデジタル環境やアナログ機材で細かく加工した繊細な音楽を提供している。

パリ在住のディジキはMomus、Toog、Helena等のリミックスやコンピレーションの選挙区などで幅広く活動中で、日本人アーティストのコラボレーションも多く、自身のCastellaneも主宰している。

東京在住のmoom 瑠は昨年北九州より活動の場を東京に移し、幻想的かつ、どこか日本人の心の琴線にふれる歌声で今もつとも注目されいる女性ヴォーカリスト。

opitopeは畠山地平と伊達伯欣によるユニットで、2002年頃より活動を開始し、ソロとしては畠山がkrankyよりファーストアルバムをリリース、伊達はspekkのコンピレーションに参加
している。今年の9月には、COMMUN DISKの水をテーマにしたコンピレーションにvalyushka Aka opitope名義で1曲参加している。

さらに今回は、opitopeとその仲間達によるアナログ手法のリアルタイム・プロセッシングの映像をを披露します。イベントの最後には出演者による即興セッションも予定しています。







時間ありそうな人、連絡下さい。
以上、取り急ぎご連絡まで。



アデュー。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。