numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop


昨夜、HEADS主催のASUNA君レコ発パーティーの為、久々の渋谷o-nestへ。

ライブ自体ずっといけなかったから
予想以上に触発されたり、感動したり、心地よかったりで。
新たな創作へのバイタリティーを注入された気分です。

今回いくつかのバンドを見て、とても強く感じたこと
演奏の中に絶対的な感情とか意志みたいなものが強く強烈に
垣間見えないと
いくら技術があったり上手くても
全然こころが動かされないなぁと実感をしました。

そういう意味では
ASUNA君のライブは感情と温度が不器用でも
強烈に解き放たれていて
言い方は変ですが、心地よかった。

この人間味って体現するのは意外と難しい。
ライブは特にその人の熱(または無感情・ナンセンス)が
直接ステージ上で飛び散るのが醍醐味だから
どうしてもそういう荒いパフォーマンスや
神々しさみたいなものを観客はもとめてしまう。
僕もその1人として別世界の世界をのぞんだ。
でもステージの上の嘘は簡単に見破られる。

音楽が放つ振動の中には真実しかない。
本当の欲求。本当の感情。
でも演奏者は今日も自分を疑い、音楽に迷い、
世界のおわりを目指して
音楽をかなでていくのである。














スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。