numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop


自己の批評をしらっとかいくぐって
この微小なる存在 そのままをうつしだそう
照らし出される本性をもって
この有限なるカラダ 自分であると認めよう

そこには 理由もなければ
ゆくべき道目的地も必要なく

ただカラダとココロでひとつの円をえがきながら
すこし嘲笑ってすこしづつ まえにむかう

この男は逃げないだろう
迫っては去っていく後悔から
この男は迷わないだろう
静止画のような錆びた感情から

だれもかれも
それぞれの場所で
ただ現在
唯一の誇れる幻影なのだ

ゆれる 青空よ
ちいさな 両手よ
あんたはその彼方で何をみてる?
彼はちょうどよい言葉がみつからないから
ただただ だまっているだけだった

もうすぐ 新しい日がはじまる
そこには 背中をむける月
薄白色の 時間が
彼とともにいるよ




















スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。