numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop



浮遊するこの特異なる運命よ
僕は一時もあなたから離れることはない
あなたは影のようでまた意志のようだね

あなたは永遠ゆえの恐怖?
地球の底に手をいれてもみつからない
ふれることもできない
あなたとはなに?

あなたは未知ゆえの不安?
となりの人はなにも教えてはくれない
見覚えのない草原に
遥か昔の記憶がひとり、
たちつくし、こちらを見ている
僕はあなたについてなにも知らず
僕はあなたにたいしてなにもしない

雨のふる三月に
空からおちてくる無数の警鐘
その中から
僕はあなたという真実のみを見つめ続ける
探しつづける

体温と感情は
知らぬ間に成長していく
目と鼻と口と耳が瞬時に宇宙にむけてぱっと開いて
目の前の大きく広がる景色を
包みかえす

その事実はなんて素晴らしいのだろう
それでも
僕が想像できる素晴らしいことは
僕自身のこと
あなたについて
もうきまっている未来について












スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。