numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop


furtherearthtoeden




いつのまに遠退いた地球に
もう一度近づきたくて その涙を
剥き出しの心臓を抱きしめる
秘密も嘘も忘れたくない
静かな月 何もあたえはしない
ただ、手の平をてらすだけ
悲しくもない 喜びもない
人はなにかにつつまれて
100マイルの後で
なにかをつつみかえすんだ
そこでカチッと音楽が流れて
はじめて見せる小さい笑顔
もっと先には
走る背中が見えている
そう、全ての雑音と痛みの人は
歪んだ影をわすれたいだけ



間違いなんてどうでもいいから
お前の明日は全てを知る
信じるべきものを
ただ、毎日探していくだけなのだ
海の底で暮らしているおまえの
静かな波の音を思い出すと
いつでもお前の顔が浮かんできて
歌を歌ってと囁く
こどものひとみのおくのほし
いつまでも戻れずに
むしろそこから遠退いていく
鏡の中で顔は笑い
心配しないでいいよという
哀しい予感も嬉しい過去も
心配しないでいいよという




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。