numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Sigur Ros

20051014071303.jpgSigur_ros_1.gif20051014071321.jpg

Sigur Ros
Takk.....
2005

ジョンジー、ゲオルグ、キャータン、オリーからなるアイスランド出身の四人組エレクトロニカバンド。ロックからパンクまで経験豊富な四人が最終的に辿り着いたのは純粋な彼ら独自の音と演奏方法だった。アルバムの質の高さは勿論、彼ら特有の演奏方法、独自の言葉を使った歌詞などがその奥行きの深さを更に太くする。ジョンジー独自の言語体系、造語ホープランド(その言葉と融合すると美しい音になるノイズ)を歌詞の中にふんだんに取り入れてそれが歌に特有のリズムと間を作り出す。第三作目のアルバムはその完成を半分以上リスナーに任せている隙間だらけのアルバムだ。だからリスナーにはそれだけの力量が試されているという事でもある。7曲目の死の歌、8曲目のポップソングに代表される統一性とメッセージ性のないこのアルバムの素質はそのままこのニューアルバムにも引き継がれて流れ込んでいる。ただ、むしろ更に頑固に強く太く重なり合う音の群れが容赦なく聞こえてくる。このアルバムを好きになるポイントは各々の想像力と集中力で残り半分のすきまを埋めていくこと、だ。どれも本当にすばらしいアルバムでやさしく穏やかな気持ちになります。そしてジョンジーのリバーブがずっと耳の奥のほうまで流れてとけていくかんじ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。