numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2222.jpg

地球最後の二人
Last life in the universe
2003 タイ/日本合作

監督:ペンエーグ ラッタナルアーン
撮影:クリストファー ドイル
脚本:ブラブター ユン
出演:浅野忠信
   シニターブンヤサック
   ライラーブンヤサック
   竹内 力
   松重 豊
   三池 崇史
   佐藤 佐吉

タイのパタヤ・日本を舞台に、潔癖なまでに清潔を保つことで世間からバリアーをはる男、ケンジと、奔放で勝気な女、ノイ。正反対の二人がお互いの兄と妹の死をきっかけに出会い、言葉をかわし、心を近づけていくこのラブストーリーは、言葉の通じない二人の会話やタイ人の気性ぶり、タイ料理からタイの暑さと風景、日本人の気質、若者が持つ特有の虚無感その他あらゆる要素が余すことなくストーリーの”一部”として重要な役割を果たしていて、それにまつわる細かい映像がとても綺麗だ。クリストファードイルは世界一女性を撮るのが上手い撮影監督で、写真家でもあり、そのアングルと構成には目を見張るものがある。タイの風や厚さをフィルムの中に完璧に集約して、映画が終わった後もそのタイの匂いと風は手のひらに残っている。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。