numbnessandsuprise

email me your comments to yusukedate@hotmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2003-12-01.jpg

蛇イチゴ
2003年

宮迫博之
つみきみほ
寺島進
笑福亭松之助

明智家の父、痴呆の祖父、の介護をしながら家庭を支える母、娘の倫子の四人は平凡な家族である。倫子は小学校の教師として働き、結婚の話が出始めた矢先に祖父が急死。火葬場で、偶然にも現れたのは家族の中の最後の一人だった。「ワンダフルライフ」「ディスタンス」の監督、是枝裕和が初プロデュースする「是枝プロジェクト」、伊勢谷友介「カクト」に引き続き、第2弾の「蛇イチゴ」で西川美和の初監督作品をプロデュース。家族の中の”裏側”の感情のやりとりは平凡な家族の嘘のつながりを露呈させる。世間体や見栄の為に意地を張りお世辞を言い合う偽家族の中に、帰ってきた兄がなにかを少しづつ変化させてゆく。宮迫がとてもいい演技をしているのと、たまらなくゆるい空気の”リアル”がずっと頭に残ってしまう映画で、テレビドラマに限りなく近い、家族の中の盲点をうまく描写した日本映画的秀作。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。